TOP > ニュース 一覧

【フィットネス】初のミスター日本となった横川尚隆「とにかくバルクを追い求めた」

2019/10/19(土)UP

とにかくバルクアップを追い求めたという横川の盛り上がった筋肉美

 10/14(月・祝)に開催された「第65回 男子日本ボディビル選手権」にて、横川尚隆が初優勝を果たし、令和初の「ミスター日本」に輝いた。
 今大会では9連覇中の絶対王者・鈴木雅が負傷の影響で欠場となったため、多くの猛者たちが「我こそが今年の日本一」の思いを胸に、熾烈な戦いを繰り広げた。

 百戦錬磨のトップビルダーが勢ぞろいする日本選手権において、現在25歳の横川は“ポスト鈴木雅の最右翼”と言われてきた存在。本格的にトレーニングをはじめて約2年足らずで出場した2016年の「全日本ジュニアボディビル選手権」でいきなり優勝を成し遂げると、グイグイとその存在感を高め、昨年の日本選手権ではついに準優勝。脅威の勢いで、鈴木雅と並ぶ地位まで上り詰めてきた。

横川の背筋の驚異的な筋肉美

 初優勝を振り返り、横川は「とにかく、いけるところまで筋肉をデカくしたい、その思いでずっとやってきました。僕のスタイルというか、僕にとってボディビルはバルクがすべてだと思っています。キレとか完成度とか正直まだまだだと思いますが、バルクを追い求めてきたことで、ここまで来ることができました。これからもそのやり方は変わらないと思います」と、とにかくバルクアップを追い求めたと語る。

 昨年の活躍を経て、『アウト×デラックス』『ホンマでっか!?TV』(ともにフジテレビ系)といったバラエティ番組への出演など、2019年はメディアへの露出も一気に増えた。さらに、女子高生の筋トレを題材にしたアニメ『ダンベル何キロ持てる?』では、横川を想起させる爽やかイケメンビルダー・街尾成造が登場するなど、これまでボディビルに興味を持っていなかったであろう層からの人気も高まっており、長崎や愛媛といった地方大会でゲストポーザーとして登場した際には、大きな喝さいを浴びたという。

優勝した横川(中央)

 今回の鈴木雅の欠場は横川にとっては思いがけないことではあったが、令和という歴史の変わり目に新王者が誕生したことは、新たな時代の到来を感じさせるステージであったと、今後語り継がれていくに違いない。

「(鈴木)雅さんに勝ちたいと思ってやってきましたし、来年どうなるかはわかりませんが、今の気持ちとしては優勝をこの一度で終わらせるのではなく、ボディビルをやめるまでずっと日本一であり続けることです。また一年後、必ずここに立ちたいと思います」と横川は連覇を誓った。
(文・写真提供=VITUP!)

●編集部オススメ

・安井友梨が海外の惨敗から奮起、初代ビキニグランド女王に

・まさにマッスル!今大会のフォトギャラリー(VITUP!)

・きんに君がフィジークデビュー戦で3位入賞=東京ボディビル選手権

・人気トレーナー田上舞子が念願の初優勝、女子ビキニで東京の女王に

・人気グラドル犬童美乃梨、美ボディコンテスト「サマー・スタイル・アワード」2冠達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧