TOP > ニュース 一覧

【DEEP】川原波輝、王者・越智晴雄を「KOして世界への切符手に入れる」=前日計量

2020/08/22(土)UP

バチバチのフェイスオフを展開する、王者・越智(左)と挑戦者・川原(右)

 8月23日(日)東京・ニューピアホールにて開催される『skyticket Presents DEEP 96 IMPACT』の前日計量が、22日(土)都内にて行われた。

 明日のメインイベントでは[DEEPストロー級タイトルマッチ]が行われる。DEEPストロー級王者・越智晴雄(パラエストラ愛媛)は52.10kg、挑戦者・川原波輝(Team Alpha male)は52.15kgで、両者ともリミットの52.20kgを一発でパスした。

計量をパスした越智

 両者は、今回の試合で2度目の対戦となる。19年3月にDEEPストロー級タイトルマッチで初対決したときは、越智が判定勝利を収めたものの、川原も一歩も引かない打撃戦を繰り広げて会場を盛り上げた。

 マイクでは、川原が「明日はぶっ倒します。がっちり仕留めます。この1年間ありがとうございました越智さん。おかげで強くなれました。明日証明します」と、前回の敗戦を糧に成長できたことに感謝を述べつつも、KO宣言。越智は「自分も過去最高なので、ぶっ飛ばしたいと思います」と、静かに闘志を燃やした。

柔らかい表情でコメントする越智

 計量後の2人に、決戦を前日に控えた心境を聞いた。ベルトがかかった大一番でお互いは、どのような気持ちで決戦のリングに上がるのだろうか。

 まず、王者の越智に話を聞くと「コンディションはかなりいいと思います。いつもより減量は早めにして、きつくなかったです。自分は、この階級でパワー、スタミナはトップだと思うので、それはいつも通りやって、あとは川原選手の打撃に対する対策をやってきました」と万全な準備ができた様子だ。

前回対戦した時の、川原(右)の印象を振り返った越智(左)

 前回の対戦を踏まえて、「川原選手の打撃は、伝統空手ベースで、距離が長い」と分析して、警戒している。その中で、相手の打撃を上手く交わしつつ自身のペースに持っていく構えだ。テーマは「気持ちでは負けないことです」と力強く語った。

 新型コロナウイルスの影響で、6月くらいまでは、ほとんど練習に取り組めていなかった越智。そんな中でも「練習はやっていくしかない。明日の試合に向けてやってきました。決まったら集中してできるので」と、モチベーションの低下は一切なかった。

計量を一発でパスした川原

 最後に、ファンには「いつも愛媛から来てくれるけど、今回は来れないので、映像でも一生懸命やっているのが伝わるように、コロナの中でも元気が出るような試合をしたいです」とメッセージを送った。

 対する川原は、計量を終えて、目を閉じて精神を落ち着けていた。川原にとって、明日の試合は前回の雪辱を晴らすための重要な試合で、懸ける思いは人一倍だ。「明日戦えるので楽しみです。ワクワク感はやばいっすよ」と笑顔で話す。

 川原は、この1戦に臨むにあたり、「毎日の過ごし方であったり、ハードな判断であったりが自信につながって、1年半前とは比べものにならないほどの自信があります。(対戦相手の越智は)小さく見えました。何も感じなかったですね」というように確固たる自信を持ってリングに上がる。

鋭い眼光で意気込む川原

 前回の対戦では、相手がチャンピオンのため、強いと思い込んでしまっていた部分があったという。1年半経った現在では、「やってきたことの自信が溢れているから、全く怖くないし、もっと早く(タイトルマッチを)やりたかったですね。実力は自分のほうがあるのに(王者は)コロナで救われたって感じです」と、やはり自信のほどが前回とは全く異なるようだ。

 前戦では「シンプルにやられていて、やられたのはやり返したい。ほんまにここはKOしないと先はない。とりあえずしばきたいですね。日本で一番強いやつ倒して、世界に行く切符を手に入れる試合でしかないと思っている」と闘志を燃やす。

この試合での敗戦を糧に強くなった川原(下)がリベンジを誓う

 越智が警戒していた打撃については「前回と一味違う。見えへんし、反応できないってなりますよ」と言い切り、「テイクダウンディフェンスも、テイクダウン取られた後の動きを多めにやってきましたし、それができれば自分の打撃の時間が長くなる」と、自身の得意なパターンに引き込むつもりだ。

 ファンには「俺の試合は一味違うと思う。懸けてるものが違うから。圧倒的なKOをするってハードなトレーニングしないと無理やから、でもそれを見せるのが格闘技の醍醐味で、自分はそれに憧れて格闘技を始めた。だから、自分はKOで勝って、この選手かっこいいな、やりたいなと思ってもらえるような選手になりたいし、元々優等生ではなかったから、KOしていろんな人に力与えられると思う。日本国民全員に力を与えたい」と思いを熱弁した。

 対照的な雰囲気の2人が、メインイベントでどんな試合を見せるか。あとは、明日のゴングを待つのみとなった。

<計量結果>

▼第8試合 DEEPストロー級タイトル戦 5分3R 
越智晴雄(パラエストラ愛媛/王者)→52.10kg
vs
川原波輝(Team Alpha male/挑戦者)→52.15kg

☆8.23 DEEP 96 IMPACT 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【DEEP】関根シュレック、KINGレイナ、越智晴雄ら参戦の8.23昼夜興行の試合順が決定

・[計量]KINGレイナが絞った肉体で計量パス、初キックルールに「パンチのスピードを上げて来ました」

・【DEEP】8.23 元修斗王者・佐藤洋一郎vs元パンクラス王者・阿部大治、関根シュレックvs酒井リョウが決定

・KINGレイナが初キックルールに挑戦、相手はボクシング全日本2位の熊谷麻理奈

・“戦う指原”ことMAOが第一子出産、夫の酒井リョウはパパ初戦「関根シュレックを倒す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧