TOP > ニュース 一覧

【ONE】猿田「”順風満帆”なのび太選手に勝ちたい」のび太「これが最後の集大成」

2020/09/09(水)UP

猿田に意識され「照れてきたけど嬉しい」と語るのび太

 猿田に”順風満帆”と評されたのび太だが、本人に自覚はあまりない。
 のび太は高校時代に不登校気味になり、TVで『PRIDE』など格闘技の試合を見る時だけが楽しい気持ちになったと言う。中退後20歳を過ぎて初めて格闘技を始めたのび太は、現在も内向気味な性格だ。
 試合前には自身のSNSでも「部屋にずっといる日々を過ごしていましたが、強い方と人前で試合させていただけるようです」と謙虚な投稿をしている。

 個別取材ではのび太は、猿田に”順風満帆”と言われたことについて「そう見えます? いや挑発的な意味じゃないですよ。でも最近は負けが込んでますし、向こうのほうが色々挑戦してるけど。僕は挑戦してこなかったので…」といきなり自虐モードに入った。

 猿田は”(のび太が)タックルに入る前の打撃が鍵”と語っていたが、それを聞くと「それは間違いない」と素直に認める。「(猿田がインタビューで)全局面で(勝負する)と言ったのは、そういう意味も含まれているんだろうな。偏ったら負けちゃうのかな。ちょっと不安になってきました」と弱気になってしまう。

 猿田が当日計量のリハーサルを行ったことを聞かされると「まじすか」と絶句し「落としたんすか」と、相手の予想外の気合の入れように引いたようだ。「その発想がなかった。(自分も)やっとけばよかった」と言いつつも「ポジティブに言うなら、(計量は)当日一回にしよう」と、エネルギーを蓄えると決めたようだ。

■のび太「戦っている間だけは、色んな悩みを忘れてる」

必死に食らいつく、泥臭いまでの戦い方がのび太の持ち味だ

 今回のび太を明確に意識し、リスペクトと共に向かってくる猿田に対し「やりづらい」と正直に語るのび太。「あまりそんなこと言ってくれる人もいない。自分が勝ってきたのも、ちゃんとした目線で対策を立ててくる人もいなかったから。最近は対策を立てられて負けてます」と自虐ワールド全開だ。「自分は卑怯だったのかな。今まで弱いふりをして、油断させてようと姑息だった」と止まらない。

 しかし「今回は重要な試合。光栄だと思うし、僕はタイトルマッチの前哨戦とは考えてない。これが最後の集大成の試合だと思っています」と内に秘めた闘志は強い。

 この先の展望については「色々考えてますけど、何も動けずにいるって感じです。試合をすることによって、色んな面で変わってきた。僕は高校中退してますし、完全にレールから外れてます。運動も得意だったわけではなく、取り柄もない。将来も不安だし。その日その日でやってきて流れついた」と目の前の試合のことしか考えられないとする。

 しかし「戦っている間だけは、色んな悩みを忘れてる。こう見えても悩んではいるんです。どうしようもないくらい悩んだら、めちゃくちゃ動いてみる。獣に追いかけられてたら、逃げてなんとか生き延びなくちゃいけない。必死になってる時だけ、悩みごととかは関係ないんです」と、一戦一戦が命がけだと語る。

 明日に控えた”日本人ストロー級最強決定戦”。この一戦は、懸ける気持ちの強い方が勝負を制するのかもしれない。

●編集部オススメ

・松井珠理奈「ビビっちゃった」大会直前の選手たちピリピリ

・修斗王者・猿田洋祐がパンクラス王者・北方大地をパウンド一撃で失神KO

・のび太が激闘の末に宿敵から王座奪回

・青木真也「遊びじゃない」試合前会見で一喝した”生きろ”のメッセージ

・【Road to ONE】Gカップグラドルの奈月セナと葉月あや、ラウンドガール初挑戦(画像16枚)=9.10

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧