TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】前田日明がスランプの元K-1世界王者・大雅に痛烈ダメ出しもアドバイス

2020/11/19(木)UP

格闘技界の“ご意見番”前田日明

 11月21日(土)に大阪城ホールにて開催される『RIZIN.25』にてキックボクシングルール・ワンマッチで、DEEP☆KICK -63kg第3代王者の山畑雄摩(25=NJKF心将塾)と対戦する大雅(24=TRY HARD GYM)が18日、自身のYouTubeチャンネルに前田日明氏をゲストに招き、貴重なアドバイスを貰った。

 大雅は、皇治、卜部兄弟、武尊らと名勝負を繰り返した元K-1ワールドGPスーパー・フェザー級王者。2017年にRIZINに電撃参戦し話題を呼んだが、そこからRIZINやRISEなどで10試合を行い、1勝8敗1分と長いスランプ状態が続いている。

2017年の皇治戦、右フックをヒットさせる大雅。当時の輝きを取り戻すことはできるか?

 総合格闘技団体『THE OUTSIDER』のプロデューサーを務める元プロレスラーで格闘家の前田氏が、大雅と兄・HIROYAのいるTRY HARD GYMを訪問。二人から不振から抜け出すアドバイスを求められ「今の不調の原因は試合しすぎ」と開口一番。そこから“悪いサイクル”に陥っているという。
 試合のダメージが抜け切れず万全の調子でないコンディション状態で、対戦相手や自分自身の動きを研究をせずに戦い続けていると指摘。その結果、相手に動きを読まれるなど試合の主導権も奪われ、スタミナ配分や動きのバランスが大きく崩れてしまっていると、スランプの原因となっている“悪循環”を説明した。

今年8月のRIZINで原口に1RTKO負けした大雅(右)

 多くの格闘家を育ててきた前田氏のその指摘が的確過ぎたからか、大雅と練習コーチでもあるHIROYAはうなずくばかり。痛烈なダメ出しをする前田だったが「その中であんないい試合をするのは大したもの。だからちゃんとやれば、勝ち続ける子だよ」と、大雅の格闘家としての“器”を絶賛した。

 その後、格闘技とは“相手の嫌がることをすればするほど有利になるスポーツ”とその本質を諭し、ボクシングの井上尚弥の“対戦相手のリズム崩しの巧みさ”や、元K-1王者の久保優太や那須川天心の“頭を使った戦いの上手さ”を例えに出しながら、大雅が今後に何をすべきかを具体的に助言し、「頭を使わないとダメ」と、野性的な戦いが魅力の大雅に戦略性を高める努力を求めた。

 真剣に耳を傾ける大雅とHIROYA。格闘技界随一のご意見番の金言を貰い、週末の山畑戦で見事な復活勝利を挙げることができるか、注目したい。

▶︎次ページは、格闘技界随一の“ご意見番”前田日明が語る格闘技とは?大スランプの大雅に金言アドバイス!

●編集部オススメ

・【RIZIN】大雅が参戦する11.21大阪大会のテレビ放送・配信スケジュール

・【RIZIN】原口健飛、大雅を3度倒すTKO勝利で再戦に決着=20年8月

・【K-1】因縁の対決は大雅が皇治に完封勝ち

・【K-1】19歳・大雅が日本トーナメント制覇

・ボクシング史上最悪“耳噛み切り事件”、タイソンが心情を告白「殺してやろうと思った」(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧