TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】ムエタイ王者・吉成名高が2度目の参戦、タイの三冠王とヒジありルールで対戦

2020/12/10(木)UP

ムエタイ王者・吉成名高が8月以来2度目の参戦

 12月31日(木)さいたまスーパーアリーナにて開催される『Yogibo presents RIZIN.26』の第3弾カード発表会見が10日(木)都内で行われた。

 ムエタイ二大殿堂王者・吉成名高(19=エイワスポーツジム)が8月大会以来の参戦。タイの主要スタジアム(7ch、ムエサイアム)での三冠王者ペットマライ・ペットジャルーンウィット(19=タイ)と対戦する。

 吉成は日本人としてはじめてタイのラジャダムナンスタジアム、ルンピニースタジアムの二大殿堂同時制覇を果たした驚異の19歳。今年8月にはRIZIN初のヒジ有りキックボクシングルールに出場し、2Rに左ヒジでTKO勝利を収め、RIZINファンにその名を轟かせた。

8月にRIZIN初参戦した名高、鋭いヒザ蹴りを相手のボディに食い込ませる

 会見に出席した名高はマイクを握ると「8月大会に続いて大晦日という華やかな大会に出場できるのをうれしく思っています」と喜びの表情。「今回対戦するペットマライ選手は本場タイでベルトを巻いている強い選手ですが、僕も一生懸命練習してきているので、ムエタイの魅力である技の美しさ、技術を見せて1Rから倒しに行きます」と、連続KOに意気込みを見せた。

 その名高はタイではもちろん、日本国内での試合も3分5Rで行われることが多い。今回はRIZINキックボクシングルールにのっとるため3分3Rと短め。名高は「いつもは5Rなので、3Rだとペース配分が変わる」と慣れないルールであることは承知した上で「1Rから技を仕掛けて翻弄できればと思います」と、柔軟に対応する構えを見せた。

名高の相手はタイの三冠王・ペットマライ

 すでに45戦以上を戦い、ムエタイ二大殿堂ではミニフライ級(47.6kg)で王座を獲得した名高はまだ19歳。まだまだ身長も体重も増える年頃である。今回の契約体重は50kgと従来よりもやや重めとはなっているが、名高は「今もちょっと体重と身長も伸びているので、今後階級も上げようと思っています」と階級アップを示唆。「今の体格はちょうど50kgに適しているので、一番のパフォーマンスを見せられます」と、50kgの契約体重を歓迎する姿勢を見せた。

 タイするペットマライは7chライトフライ級、ムエサイアムフライ級&ライトフライ級とタイで3本のベルトを巻く強豪。名高と同じ19歳ながら、すでに70戦を経験している一線級のファイターである。
 ペットマライは会見を欠席。主催者を通じ「名高はタイでも有名な選手です。勝てば僕が有名になるチャンスなので、絶対に勝ちます」と、二大殿堂王者に気後れしない強気なコメントを寄せた。

<発表対戦カード>
▼RIZIN キックボクシングルール(50.0kg):3分3R ※肘あり
吉成名高(エイワスポーツジム)
vs
ペットマライ・ペットジャルーンウィット(タイ/ペットジャルーンウィットジム)

☆12.31 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・朝倉未来が大みそかに再起戦決定、追加4カード発表「残り3週間やれることをやる」榊原代表

・朝倉未来、大晦日は「狂気的になる」対する弥益ドミネーター「喧嘩する」

・渡辺華奈、ベラトールと契約に意気込み「RIZINを背負い、王者目指します」

・朝倉未来がヤフー検索大賞”アスリート部門賞”受賞「格闘技を広められて嬉しい」大晦日参戦も示唆

・渡辺華奈が米ベラトールと契約「昨年RIZIN対抗戦での勝利で、私の目を引いた」コーカー代表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧