TOP > ニュース 一覧

【女子ボクシング】鬼滅の刃のコスプレで戦う!モンブランみきがタイトル戦=12.13

2020/12/11(金)UP

『鬼滅の刃』のコスプレのモンブランみき。ガウンまでキャラクターにこだわる

 12月13日(日)エディオンアリーナ大阪・第2にて、日本女子ミニマム級タイトルマッチが行われる。
 今年1月に王座に就いた成田佑美(31=姫路木下)の初防衛戦だが、挑戦者はコスプレボクサーとしても注目される、モンブランみき(28=ワタナベ/同級1位)だ。

 モンブランは2度目のタイトル挑戦となり、昨年9月のタイトル戦に敗北後、女子選手を多く抱えるワタナベジムに移籍して練習を積み、再び王座を狙う。

黒いガウンのままパンチのポーズ

 そのモンブランの今回の衣装は何と『鬼滅の刃』の竈門豆子だ。現在大ヒット中のこの作品、大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚だ。コスプレについて、意気込みも含め聞いてみた。

 コスプレについてモンブランは「これは毎回、母の手作り。試着して微調整をお願いして、また直しては変えて…と親子でこだわっています。試行錯誤をして完成させる、世界唯一の格闘技コスチュームです」と言う。これまで『うる星やつら』のラムちゃんや、セーラームーンなどファンを楽しませてきたが全てオリジナルだったとは。

ガウンを外し『鬼滅の刃』のコスプレでパンチを打つモンブランみき

 そして今回『鬼滅の刃』にした理由を「今、1番旬で話題性もありますし、なんと言っても『鬼滅の刃』が大好きなんです」と話す。主人公のような戦闘テクニックを身につけられたかと聞くと「試合をしてからのお楽しみです」と笑顔で語ってくれた。

 コスプレを毎回着る理由は
「最初は女子ボクシングが盛りあがればいいなと思っての行動だったんですけど、最近は考えると試合が楽しみになることに気づいて、モチベーションのために着ています。コスプレボクサーとして、多くの人に私のリングネームを知ってもらいたいです」と語った。ここで勝って王者となり、更に知名度アップにつなげたいところだ。

過去にはラムちゃんのコスプレでリングに上がった=18年11月(提供:武士道ボクシングⅤ

 さて肝心の試合についてはどうか。試合まであと3日(インタビュー時)だ。前回は一階級下のアトム級のタイトル戦にメイドのコスプレで挑み、王者・松田恵里に5RでTKO負けしている。今回は強キャラ衣装でのタイトル再挑戦だ。

「移籍して初めての試合なので“モンブラン変わったな、成長したな”とみんなを思わせたいですね。ベルトを獲ることはもちろんですけど、周りからの評価も上げたいと思っています」と意気込んだ。

 成田は出入りを活かした多彩な攻撃が持ち味。モンブランは前回アグレッシブに前に出て行き、タイトルが見えたかと思われたが、後半の5Rに左ストレートでダウンを奪われ惜しい敗戦を喫している。出入りを活かす成田にどう戦うか。果たして『鬼滅の刃』は功を奏するか。

●編集部オススメ

・【前回の試合】コスプレボクサーKO負けで王座ならず、過去のコスプレの写真も

・中井りんがメイドコスプレ&ムキムキ筋肉で計量クリアー

・キック界に女子コスプレファイター登場、パワー連打でプロ初勝利飾る

・中井りん、ハイレグ&戦国武将姿で計量

・無敗のハワイアン美女がディズニーコスプレで計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧