TOP > ニュース 一覧

元K-1 武居由樹の戦いぶりに八重樫トレーナー「彼の実力は、まだあんなもんじゃない」

2021/02/12(金)UP

武居が左アッパーで攻め込む©LEGEND

 2月11日(木・祝)東京・国立代々木競技場(第一体育館)で開催されたチャリティーボクシングイベント『LEGEND』。第1試合では、元WBOフライ級王者・木村翔と3月にプロボクシングデビューを控える元K-1王者・武居由樹(大橋ジム)が対戦した。

 この試合は14オンスグローブのエキシビションマッチの一戦だが、ガチファイト。試合は圧力をかける木村に武居も臆さずロングフック、アッパーで手数を出す。木村はカウンターから連打を放つも、武居のジャブ、フック連打からの右ショートアッパーなどで返しヒット。激闘派の木村は詰めて打ち合いたいが、武居がステップでかわしては連打を放つなど優位に試合を進め、5年間負け無し、KOを量産してきた実力を見せた。

武居の左ストレートが木村を襲う ©LEGEND

 この試合を見た田中恒成は解説席で「上手かった。サイドに回り込む技術もありビックリしました」と評価。

 武居のトレーナーの八重樫東は京口紘人との試合後のインタビューで武居の試合について聞かれ「入場の前にモニターで見ていました。チャンピオンを相手に大したもんだと思いました。でも彼の実力はまだあんなもんじゃない。課題もありますが、まずは3月11日に頑張ってほしい。彼は大きな舞台に慣れているので、流石の度胸だなと思いました」と評価。

試合後インタビューに答える八重樫東

 武居は試合後インタビューでは「チャンピオンと3分3R頑張れたのでいい経験になりました。世界チャンピオンはまだまだ遠いですけど、頑張って目指していきたい。出来る限り無敗で行きたいし、ベルトが欲しいですね。ベルトがないと寂しいので、できるだけ早くタイトルマッチができたらいいなと思ってます」とタイトル獲得を見据えた。

 武居のデビュー戦は3月11日『フェニックスバトル76』(後楽園ホール)。対戦相手は17年の中日本バンタム級新人王の高井一憲(34=中日)、戦績は6勝(3KO)7敗3分。公式戦のグローブは8オンスとなるが昨日の試合内容のような試合を期待したい。

●編集部オススメ

・【LEGEND】元K-1王者・武居由樹、元世界王者に対し驚く強さ「出来る限り無敗でベルトが欲しい」

・武居由樹、元世界王者・木村翔に臆さぬボディ攻めで大器の片鱗見せる

・井上尚弥が比嘉大吾の猪突猛進な攻めに強烈連打「ガチでやりました」(井上)

・”激闘王”八重樫、京口に打たれても前に出た、現役さながらの打ち合い

・”Gカップ”&”尻美人”がラウンドガールに決定!(写真10枚)=2.22

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧