TOP > ニュース 一覧

【K-1】逆転KOで王座奪還のカリミアン、次戦にGLORY王者を希望、挑戦表明のANIMAL☆KOJIに「バナナでも食べていれば」

2021/03/29(月)UP

「ベルトが本来の持ち主に戻ってきた」と話すカリミアン

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催された『K’FESTA.4 DAY.2』の一夜明け会見が29日都内にて行われた。K-1 WORLD GP クルーザー級タイトルマッチで王者K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)に2R KO勝利し、新王者に輝いたシナ・カリミアン(POWER OF DREAM)が会見に臨んだ。

 カリミアンは昨晩の試合について「昨日の試合は、100%自分が勝てるとのイメージを持つことができ、さらに良いコンディションで試合に臨めた。一つ問題だったことを挙げると、試合直前にリング調整の時間が空いた時、それまで温めていた身体が冷えてしまった為、1ラウンド目はあまり良い動きができなかったが、その後、自分の動きを取り戻すことができ、無事に勝つことができた」と振り返り「約数ヶ月ぶりにベルトが本来の持ち主に戻ってきた。昨晩はベルトと共に安らかな気持ちで過ごすことができた」と、喜んだ。

「狙っていた」と話すカリミアンが放った決め手のバックハンドブロー!

 2RにKO勝利するまで1Rは2度のダウンを取られるなど、かなりのピンチだった様に見えたカリミアンだが、「確かにダウンはしたが、特にダメージは大きくなかった。自分ではすぐに回復できると思っていた。その後も相手にヒザを与えることが出来たし、相手の疲れも感じていたので、逆にすぐに倒せると思っていた。戦いの中で不安を感じたことはなかった」とコメント。

 続けて、決め手となったバックハンドブローについては「試合の前に立てた作戦の一つだった。その瞬間を狙っていたが、2Rの時にまさにこのタイミングだと思い、(バックハンドブローを)出した」と、元々準備していた技だったと引き出しの多さをみせた。

愛鷹との激闘を制し、タイトル挑戦をアピールしたANIMAL(右)。果たして、カリミアンとの激突は見れるのか?

 次戦について興味ある対戦者を尋ねられると「ここにいる選手ではいない。2年前、世界で一番強いと思ったグローリーのライトヘビー級の当時の王者だったアルテム・ヴァキトフに対戦を要求したが、返事はなかった。現王者のアレックス・ペレイラ、もし彼がヴァキトフの様に臆病者ではなく、K-1に参戦して私と戦ってくれるのであれば、ウェルカムだ」と、海外選手との対戦に興味がある様子。

 盛り上がるK-1クルーザー級選手の中で、同日に愛鷹亮との激闘を制しタイトル挑戦をアピールしたANIMAL☆KOJIや、リマッチの可能性がある前王者のK-Jeeなどの対戦についての興味を尋ねると「この二人は私と戦うレベルにはないので、特に戦いたいという気持ちはない。バナナでも食べていればいいんじゃない」と、ANIMAL選手の“キャラクターアイテム”となっているバナナを引き合いにだし、挑発的な言葉を投げた。

●編集部オススメ

・【K-1】カリミアンがK-Jeeにバックハンドブローで逆転KO勝利、クルーザー級王座を奪還(動画あり)

・【K-1】ANIMAL☆KOJIが愛鷹亮との倒し倒され”野獣対決”を制し、クルーザー級タイトル戦を要求(動画あり)

・【GLORY】“UFC王者アデサニヤを唯一KOさせた男”ペレイラが飛びヒザ蹴りで激闘を制す、ライトヘビー級正規王者に

・【K-1】武尊がプレッシャーからの不眠症も告白、リングでは「向き合ったら打ち合いたい、楽しめた」

・【K-1】逆転勝利の城戸康裕、ダウン奪われた理由は”派手”な入場パフォーマンス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧