TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊がプレッシャーからの不眠症も告白、リングでは「向き合ったら打ち合いたい、楽しめた」

2021/03/29(月)UP

武尊が一夜明け会見に出席、那須川天心戦へ「お互いが納得できる体重でやれたら」

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催された『K’FESTA.4 DAY.2』の一夜明け会見が29日都内にて行われた。

 K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチでレオナ・ペタス(29=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)を2R1分10秒でKO勝利し王座防衛に成功した武尊(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が会見に臨んだ。

 2度の延期を経て実現したこの一戦。戦前には関係者からレオナ有利の声も上がったが、真っ向勝負に臨んだ武尊がレオナから3度のダウンを奪った。

 アマチュア時代は互いに1勝1敗。今回完全決着となったレオナとの対戦を終えた武尊は「今僕がK-1で戦う最高の相手だと思ってたので、強さも分かっていた。もちろん勝つつもりではいたけれど、打ち合ったらどっちが倒れるか分からない相手だった」と、結果以上に薄氷の上の勝利だったと語った。

危険な強敵レオナ・ペタスと真っ向から打ち合う武尊

 フックを得意とする武尊に対し、ストレート系のパンチを武器とするレオナの噛み合せは、武尊不利と見る関係者も多かった。自身も「相性的にはよくない。パンチの打ち合いは避けようという作戦だった」と考えていたというが「向き合ったときに打ち合いたいと思う選手だった。勝利を優先しないといけないとわかっていたけれど、自分の中の楽しみを優先して戦ったのがいい結果につながったんじゃないか」と、ファイターとしての欲望に従った結果であると考えたという。

■ストレスから不眠症もリングで楽しめた

 最強の挑戦者を退けた心境を「うれしさよりもホッとした感じ。タイトルマッチであるというのもあるし、失うものしかない試合だった」と語った武尊。かねてより「1回でも負けたら引退」を公言していることに加え、試合が延びたことによる長期のコンディション管理や昨年大みそかの那須川天心戦の観戦など、さまざまな出来事や事情が重なった結果、直近の2~3週間には不眠症の症状が出ていたという。

「相性は悪かった」といいながらも武尊は真っ向勝負、3度倒して決着をつけた

 メンタル面に大きなプレッシャーを抱えていた武尊だったが、その一方でリングの上では完全に切り替えられたという。武尊は自ら「AB型なんで二重人格」と表現したように、リング上では背負っているものよりも自らの楽しみを優先できたといい、レオナとの打ち合いを存分に楽しめた結果、珠玉の名勝負が生まれたという考えを示した。

 さて次はリング上でも希望した天心戦か、実現が待たれる。

 

●編集部オススメ

・武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る(動画あり)

・那須川天心のK-1観戦は”武尊へ大みそかの敬意のお返し”

・武尊にKO負けのレオナ・ペタス「失神で何も覚えてない」打ち合いは「気持ち出た」

・KO勝利の武尊「那須川天心選手と最高の試合をしたい、絶対やろうと思ってる」リングサイドには天心

・武尊、レオナと打ち合ったのは何と“作戦無視”「殺されてもいい覚悟で」=試合後会見

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧