TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】初防衛に挑むベラスケスとキールホルツがバキバキの筋肉で計量パス、睨み合いは30秒視線を外さず!

2021/07/16(金)UP

激突する王者ベラスケス(左)と挑戦者キールホルツ(右)©️Bellator

 7月17日(土・日本時間)に米国コネチカット州モヒガン・サン・アリーナで開催される『Bellator262』の前日計量が16日に実施された。
 女子フライ級(125ポンド/56.69kg)タイトルマッチで初防衛を目指す王者ジュリアーナ・ベラスケス(34=ブラジル)が125ポンド(56.69kg)で、挑戦者で同級3位のデニス・キールホルツ(32=オランダ)が124ポンド(56.24kg)で共にパスした。

【この計量フォト6枚&動画】王者ベラスケスとキールホルツのバキバキ筋肉の計量と30秒間の睨み合い

約30秒間の長い視殺戦を行った両者。10cm高い王者ベラスケスが見下ろす形に©️Bellator

 計量台では、両者ともにバキバキの腹筋の仕上がった身体を披露。フェイスオフでは対峙すると、170cmのベラスケスが、160cmのキールホルツを見下ろす形に。二人とも睨み始めると、視線を外さず。約30秒間、睨み合いが続き、緊張感みなぎるフェイスオフとなった。

 挑戦者のキールホルツは前日の囲み会見で「今回で勝利して、(キック王者の)青いベルトと、(MMA王者の)赤いベルトを両肩にかけたい」と2競技制覇の意欲を語る一方で、王者のベラスケスは「(初防衛戦だが)過去の試合の時と同じ覚悟で挑む。勝敗の鍵は自分の戦いをすること。勝利する自信がある」と、落ち着いた様子を見せた。

 ベラスケスは柔道の国際大会に出場経験があり、強いフィジカルと破壊力あるスタンドの打撃が武器の王者。対するキールホルツは格闘大国オランダが産んだ美女格闘家でキックボクシング部門の女子フェザー級王者だ。

 KO必至の大一番、最後まで立っているのは、ベラスケスか、キールホルツか。

▶︎次ページは【この計量フォト6枚&動画】王者ベラスケスとキールホルツのバキバキ筋肉の計量と30秒間の睨み合い

●編集部オススメ

・【ベラトール】MMA&キック2冠を狙うオランダ美女戦士キールホルツ、7.17タイトル戦に向け豪快KO&フィニッシュ映像公開、相手を吹き飛ばす豪腕KOも

・【ベラトール】7.17女子フライ級タイトル戦を前に衝撃フィニッシュ映像TOP10を公開、スーパーモデル級美女戦士の一撃KO、渡辺華奈のパウンドKOなど

・【ベラトール】“無敗”の新女王ベラスケスの初防衛戦が決定、オランダ格闘才女キールホルツと激突=7.17

・”瞬速”カウンターフックで沈め、豪快な鉄槌攻撃でTKO「まるで釘を打つハンマーだ」と驚きの声=海外MMA

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧