TOP > ニュース 一覧

【五輪柔道】”モデル級美女”ビロディドは横三角からの押さえ込み一本、渡名喜は腕十字一本で勝ち進み準決勝で対戦決定

2021/07/24(土)UP

ビロディド(左)と渡名喜風南が6度目の対戦、これまでビロディドが4勝

 本日24日の東京オリンピック柔道女子48kg級は、金メダル日本第一号の期待がかかる渡名喜風南(となき・ふうな 25=パーク24/世界ランク3位)と世界柔道2連覇でモデル級の美女としても人気のダリア・ビロディド(20=ウクライナ/世界ランク2位)が共に勝ち上がり準決勝で対戦することとなった。

【フォト】これがビロディド得意の横三角絞めだ

 渡名喜は昨年までビロディドに4戦全敗だったが、5戦目となった今年1月、マスターズ大会(ドーハ)の準決勝でビロディドから一本背負いで技ありを奪い勝利している。

 渡名喜は今大会で初戦となる2回戦、ロンドン五輪銅メダルのチェルビスキに序盤こそ攻めあぐんだ印象だったが、後半には体落としで巻き込んで技あり、そこから押さえ込み一本勝ち。準々決勝は前回のリオ五輪金メダリストのパウラ・パレト(アルゼンチン)に腕十字を極め一本勝ちを収めた。

 一方ビロディドは初戦の2回戦は技ありで勝ち上がると準々決勝は19年柔道グランドスラム・ブラジリア優勝のカタリナ・コスタ(ポルトガル)に苦戦し延長に。やや息が荒くなるも、現在格闘技界でも注目される、得意の三角締め(横三角)で相手の肩と頭部を固めながら、上から押さえ込んで一本勝ちを決めた。

これがビロディド得意の横三角絞め、19年の世界選手権で渡名喜に仕掛ける

 ビロディドは18、19年と世界選手権を制したが、コロナ禍で東京五輪が1年延長、コロナ禍の中、過酷な減量は良くは無いとし52kg級に出場するも3位に。連勝記録がストップし、そこから崩れたか、今年1月に渡名喜に敗れ3位、 グランドスラム・テルアビブ、ヨーロッパ選手権共に2位と優勝を逃している。減量に苦しんでいるとも言われ、今回の準々決勝の延長戦での息の上がり方もそこに関係しているのかもしれない。

 モデル級の美女としてエステティックTBCともパートナーシップを結び日本でも人気のあるビロディド。日本代表の渡名喜とは注目の準決勝となる。なおこの一戦は本日17時15分ごろ開始される予定だ。

【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

 

●編集部オススメ

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・【テレビ】ボクシング『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜8.8(東京五輪ボクシング)

・美しすぎる柔道女王ビロディドが美腹筋を披露、三菱モータースのモデルで登場

・【世界柔道】ビロディドが渡名喜に勝利し世界連覇、日本は男女とも優勝逃す

・【海外MMA】何と“寝た状態からのかかと落とし”失神KO劇!試合に向けた映像公開に「完璧なタイミング、これは回避不可能」と驚きと絶賛の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧