TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】元王者フェンテスの手術成功も予断許さず、カネロ陣営ら献血協力を呼びかける

2021/10/19(火)UP

モイセス・フェンテス(写真は16年の田中恒成戦)

 一昨日17日(現地時間10月16日)メキシコ・カンクンにて元世界2階級制覇王者のモイセス・フェンテス(34=メキシコ)がダビッド・クエリャル(19=メキシコ)の強打を浴び6Rに失神KOけ。フェンテスは仰向けに倒れたまま意識が戻らず、病院に搬送され手術を行った。

【フォト&動画】フェンテスが失神KO負けで、スタッフが駆け寄るシーン

 試合の翌日の朝7時に緊急手術。フェンテスの脳に腫れと血栓が見つかったためだ。本日のESPNの報道では、プロモーターのオズワルド・クフレ氏によると、「手術はうまくいった。2、3日後にはもっと詳しい情報が得られると思う。脳の腫れがどのように回復するか、今後72時間が非常に重要だ。今は安定しているが、今後の経過を見守るしかない」と語っている。

 同じくメキシコの”カネロ”アルバレスのトレーナーのエディ・レイノソは、フェンテスのために献血を募る活動をSNSで行なっている。
「ボクシングファミリーのモイセス・フェンテスのために、血液型がB型とO型の血漿ドナーを必要としています」と呼びかけている。

失神し意識不明となったフェンテス(ESPN KNOCKOUT ツイッターより)

 世界2階級(WBOミニマム級、ライトフライ・暫定)を制した強豪だが、日本人ファイターには田中恒成、比嘉大吾にともにKO負けしている。2018年9月にロマゴンこと、ローマン・ゴンザレスとのカムバック戦で1ラウンドでノックアウトされて以来、3年ぶりの試合だった。

 今回の試合は序盤からクエリャルのペースで進み、5R終了後、相手の一方的な試合から、WBCのマウリシオ・スライマン会長ら数人が、コーナーに詰めより試合の中止を強く提案したほどだったが、陣営は最後に1ラウンドと送り出したと伝えられる。

 この状況を知ったロマゴンはSNSで「モイセス・フェンテスがすぐに回復することを祈っている」とメッセージを送っている。
 選手としてのボクシングへの復帰は厳しいとも伝えられるが、1日も早い回復を待ちたい。

▶︎次のページは【フォト&動画】フェンテスが失神KO負けし、キャンバスに沈みスタッフが駆け寄るシーン

●編集部オススメ

・田中、比嘉とも対戦したフェンテスが失神KO負けで意識不明、手術へ

・【ONE】世界震撼!最強ペトロシアンの硬直失神KOに、魔裟斗が「マジか!時代が変わった」と呆然

・フエンテスがKO負けに不満、比嘉が反論

・ぱんちゃん璃奈、姉をSNSで紹介「美人姉妹すぎる」「似てる」とファン歓喜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧