TOP > ニュース 一覧

【DEEP】1年2か月ぶり復帰の神龍誠「死んじゃうと思う」と絶好調アピール、元修斗王者・福田龍彌は「精一杯楽しむ」と余裕の表情=前日計量

2021/10/22(金)UP

1年2か月ぶり復帰の神龍(左)と元修斗王者・福田(右)が共に計量パス

 10月23日(土)東京・後楽園ホールで開催される『skyticket Presents DEEP 104 IMPACT』の前日計量が22日都内にて行われた。
 メインイベント第7試合[DEEPフライ級 5分3R]に出場する神龍誠(21=神龍ワールドジム)、福田龍彌(29=MIBURO)が計量に臨み、神龍が57.15kg、福田が57.20kgで共にフライ級リミットの56.7kgをパス(ノンタイトル戦は+0.5kgが許容体重)した。

【フォト】「北岡悟vs鈴木琢仁」「伊澤星花vsパク・シウ」など、全計量結果と写真

2019年6月に暫定王座戦を制した神龍のパウンド

 神龍はレスリングをバックボーンに持ち、15歳でプロデビュー。2019年にDEEP史上最年少の18歳で暫定王者決定戦を制し王者の座を獲得。その後、第4代DEEPフライ級王者・和田竜光の王座返上により、暫定王者から第5代王者に昇格。昨年8月の『RIZIN.23』では第3代ZST王者・伊藤盛一郎からチョークスリーパーで一本勝ちした。
 神龍はこの一戦以来、約1年2か月ぶりの試合。地元・宮城でジムをオープンする準備のためDEEPフライ級王座の防衛戦ができないことから、今年2月に藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)が決定戦を制し暫定王者として認定されている。

アグレッシブな打撃が身上の福田の左フック

 対する福田はサウスポーから繰り出す思い切りの良い打撃を持っており、”速射砲”のような鋭い打撃を武器としている。
 昨年7月の修斗世界フライ級暫定王者決定戦で前田吉朗に勝利して暫定王者となった後、今年1月に第6代修斗世界フライ王者・扇久保博正のベルト返上を受け、第7代正規王者となった。しかし、7月の初防衛戦で平良達郎に敗れ王座から退いている。

 計量の時間に遅れた神龍に先駆けて計量台に乗った福田は「久しぶりに東京に来るんですけど、せっかくなかなか戦いたくても戦えへん子とできるので、精一杯楽しもうと思います」と意気込み。

 5分ほど遅れて会場に姿を現した神龍は計量をパスすると「今僕はめちゃめちゃ強いんで、福田選手死んじゃうと思う。僕が殺しちゃうと思うので、レフェリーの方、早めに止めて下さい」と圧倒的な勝利を約束した。

 この試合を含め、全7試合の計量を実施。全選手が1回で計量をパスし、明日の試合を迎える。

<計量結果>
▼第7試合 DEEPフライ級 5分3R
神龍誠(神龍ワールドジム) →57.15kg
vs
福田龍彌(MIBURO) →57.20kg

▶︎次ページは【フォト】「北岡悟vs鈴木琢仁」「伊澤星花vsパク・シウ」など、全計量写真と結果

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・10.23『DEEP』神龍誠vs福田龍彌、北岡悟・伊澤星花も参戦=試合結果 速報

・テレビ:10.24『RIZIN.31』斎藤裕vs牛久絢太郎ほかTV放送・ネット配信・生中継情報=横浜 ぴあアリーナMM

・【DEEP】北岡悟が鈴木琢仁の”引退勧告”に激昂!「なめんじゃねえよ。明日見ておけよ」

・【DEEP】王者第一戦の伊澤星花が計量パス、KRAZY BEEへ移籍のパク・シウに「明日は完全決着で」

・【テレビ・配信】10.23『DEEP 104 IMPACT』神龍誠vs福田龍彌、北岡悟vs鈴木琢仁ほか生中継・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧