TOP > ニュース 一覧

【DEEP】メガトン級で水野竜也が“ミスターメガトン”誠悟とド迫力対決、朝倉未来1年チャレンジのヒロヤと西谷大成が再登場=12.12

2021/11/04(木)UP

水野竜也が本格的にメガトン級に参戦してミスターメガトン誠悟と対戦

 12月12日(日)東京・ニューピアホールで開催される『skyticket Presents DEEP 105 IMPACT』の対戦カードが発表された。

 注目は、前DEEPミドル級王者・水野竜也のメガトン級での本格参戦だ。水野は186cmの体格を生かし柔道の第一線で活躍した後、2006年にプロデビューしたベテランファイター。08年にはDREAMでミルコ・クロコップ、メルヴィン・マヌーフ、ゲガール・ムサシら世界の強豪と対戦し、18年2月、DEEPミドル級チャンピオンに輝いた。今年7月のジョアンオ・バティスタ・吉村戦でKO負けを喫しており、再起戦となる。

現役米兵のSAINT(左)をパンチで攻める誠悟(C)DEEP

 水野と対戦するのは、誠悟(AACC)。誠悟はDEEPメガトン級を代表する選手で、柔道をベースに持ちながら打撃中心の激しい試合を展開して“ミスターメガトン”と呼ばれる。
 今年9月は、後に『RIZIN.31』でスダリオ剛と対戦する現役米海兵隊のSAINTと対戦して、惜しくも判定負け。勝ち星が欲しいところだ。

 メガトン級でサプライズを起こしそうなのは、UFC殿堂入りしているジョルジュ・サンピエールのトライスタージムでトレーニングを積んできた赤沢幸典(Tristar Gym)。久しぶりの日本での試合で、ラウェイで佐藤光留をKOした大成を相手にインパクトを残せるのだろうか。

 もうひとつのメガトン級の試合では、酒井リョウ(レンジャージム)がKENNY中村(MAXI GYM)と対戦する。今年6月のSAINTとの試合ではKO負けを喫してしまった酒井だが、巻き返しの一戦となる。

前回はメインイベンターを務めたヒロヤが、日比野と打ち合いを見せてくれそうだ

 DEEP 58kg以下では、朝倉未来と実業家の“青汁王子”三崎優太による若手格闘家育成プロジェクト『朝倉未来1年チャレンジ』出身のヒロヤ(トライフォース赤坂)が日比野”エビ中”純也 (ISHITSUNA MMA) と激突。ヒロヤは、今年10月のRYOGA戦で勝利を収め、メインイベンターを務めたばかり。さらなる飛躍が期待される。日比野は今年9月、力也からパウンドでKO勝ち。激しい打撃戦になりそうだ。

 DEEP フェザー級では、ヒロヤと同じく『朝倉未来1年チャレンジ』メンバーの西谷大成(トライフォース赤坂)が、鬼山班猫(KRAZYBEE)と激突する。西谷はレスリングをバックボーンに持ち、今年10月の山口コウタ戦は、わずか32秒バックチョークで一本勝ちを収めた。鬼山との試合は、どんな結末が待っているのだろうか。

前回は秒殺一本勝ちを奪った西谷が、今回も鬼山を相手に短期勝負を仕掛けるか

 他にも、今年7月に赤尾セイジをKOした笹晋久(パラエストラ柏)と今年6月にCOROを判定で下した石司晃一(フリー)が対戦する試合や、元DEEPウェルター級王者の悠太(ALLIANCE)が第3代ZSTライト級王者の小金翔(フリー)と激突する好カード、さらに新星・山本歩夢(パラエストラ柏)がZSTフェザー級王者の関鉄矢(SONIC SQUAD)に挑む一戦など、見どころ満載のラインナップが揃っている。

 また『DEEP 105 IMPACT』の同日に開催される『DEEP TOKYO IMPACT 2021』では、DEEPバンタム級の高野優樹(フリー)vs橋本優大(CAVE)、DEEPライト級の大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)vs Street♡★Bob洸助(LEGION TOP TEAM)、DEEPフライ級の島袋力(CORE) vs力也(フリー)など9試合が決定。中村真人(レンジャーGYM)、コマネチゆうた(Y&K ACADEMY)、THE OUTSIDER 60-65トーナメント優勝の牧野滉風(柔術&MMAアカデミーG-face)も参戦し、こちらのDEEPも盛り上がることになりそうだ。

☆『DEEP 105 IMPACT』対戦カード、スケジュール、チケット情報など

☆『DEEP TOKYO IMPACT 2021』対戦カード、スケジュール、チケット情報など

●編集部オススメ

・【DEEP】水野竜也がキン肉マン作者の息子から一本を奪い6連勝

・【DEEP】王者・水野竜也が計量パス、ジョアンオへのリベンジ戦に「100%出し切る試合をします。それだけ」と意気込み

・【DEEP】誠悟が必殺パターンで侍マーク・ハントに圧勝、王座挑戦アピール

・【DEEP】ヒロヤが初のメインイベントで完勝、西谷大成がバックチョークで電光石火の一本勝ち

・【DEEP JEWELS】JK対決の竹林愛留「吹っ切れた、ただただ頑張る」対する須田萌里は修学旅行を蹴ってリングへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧