TOP > ニュース 一覧

【UFC】ウスマンがV5戦にムキムキマッスルポーズで計量パス、再戦のコビントンと緊迫フェイスオフ

2021/11/06(土)UP

約10秒のバチバチのフェイスオフ©️UFC

 11月7日(日本時間)に米国ニューヨーク州ニューヨーク/マディソン・スクエア・ガーデンにて開催される総合格闘技イベント『UFC 268』メインイベントのウェルター級タイトルマッチの前日計量が行われた。
 王者カマル・ウスマン(34=ナイジェリア)はリミットの170ポンド(77.1kg)に対し、169ポンド(76.65kg)、挑戦者で同級1位のコルビー・コビントン(33=米国)は76.8kgで計量をパス。両者筋肉隆々のマッスルポーズを決めた。

【フォト】王者ウスマンのムキムキマッスルポーズ

 両者は19年12月、ウスマンの初防衛戦にコビントンが挑戦者として挑んだが、5Rの激闘の末にパウンド連打でTKO負けを喫した。
 コビントンは元ウェルター級暫定王者。18年6月のウェルター級暫定王座決定戦でハファエル・ドス・アンジョスを判定で下し、暫定王者のベルトを手にしたが、負傷により同年9月のタイロン・ウッドリーとの王座統一戦を欠場し、暫定王座を剥奪されている。次こそ王座を獲得したいところだ。

 5度目の防衛成功を狙うウスマンは先日の会見で「前戦は感情的に戦ってしまったという反省がある。感情的に戦い過ぎた分、かなりの打撃を受けた」と、前回の戦いを振り返りながら、「今回はその過ちを正したい。殴られるのは覚悟の上だが、さらに完璧な勝利を手にする」と、完勝宣言をした。

 2年越しの再戦。その間ウスマンは3度も王者のベルトを守り抜く“無双”状態。一方のコビントンは昨年9月に勝利したタイロン・ウッドリー戦以来1年ぶりのオクタゴン。果たして、ウスマンの返り討ちとなるか、コビントンのリベンジとなるか。

▶︎【フォト】王者ウスマンのムキムキマッスルポーズなど、この計量の写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】11.7『UFC 268』ウスマン5度目の防衛戦、ナマユナスvsジャンの再戦など生中継、配信情報

・『UFC』11.7 結果:ウスマンvsコビントン、ナマユナスvsウェイリーほか試合結果 速報

・【ボクシング】カネロとプラントが激しい舌戦、そこにマイク・タイソンが登場=前日計量

・『VTJ』11.6 結果:平良達郎の国際戦、宇野薫vs原口央ほか試合結果 速報

・ぱんちゃん璃奈がCM出演、長い脚での豪快ハイキックで”ムダ毛マン”をKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧