TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】ライト級王者のサトシが「ベラトールの選手と戦いたい」とRIZIN代表として戦う覚悟を語る

2022/01/01(土)UP

RIZIN王座の防衛に成功したサトシ

 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.33 』のRIZINライト級タイトルマッチ RIZIN MMAルール(71.0kg)5分3Rで、矢地祐介(フリー)の挑戦を受けた王者ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)が試合後のインタビューに応じた。

 1Rにサトシは右の打ち下ろしのフックでダウンを取るが、「つい柔術の癖が出てしまい、グラウンドで極めにいってしまいました」と寝技の展開に。
 そのまま試合が終わるかと思われたが、矢地が何度も立ち上がる展開があった。サトシは「矢地選手は強くなっていた」と驚き、矢地も「負けた自分が言うのはなんですが、成長したことを感じました」と振り返った。サトシの強さもそうだが、矢地の成長が感じられた攻防だった。

サトシが矢地に腕ひしぎ三角絞めを極めた瞬間

 それでもサトシは2Rにニータップでテイクダウンして、ヒジやパウンド攻撃。さらに左腕をアームロックの体勢へ。ここから腕十字を狙うサトシが左方向へローリングし、腕ひしぎ三角絞めに持っていくと矢地はたまらずタップした。

 王者としての強さを見せたサトシは、「矢地選手も強くなって、RIZINのレベルが上がって良かったと思っています。それが、とても嬉しいです。2022年は、ベラトールの選手とやりたいです」とRIZIN代表として戦うことを宣言した。

 サトシがモチベーションを高めることができたのは、同門の関根“シュレック”秀樹の存在が大きいという。「関根さんのことは、本当にリスペクトしています。私が疲れている時に、いつも気合いを入れて最後までやっているので、頑張ろうとやることができます。彼は大きいことに目が行ってしまいますが、48歳です。その歳で試合をすることが凄いです。もっと強くなれると思います」とサトシ。チームボンサイ柔術の絆が、強さの秘密のようだ。

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】王者・サトシが矢地を“腕ひしぎ三角絞め”で返り討ち初V!ベラトール参戦も直訴「ダブルチャンピオンになりたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧