TOP > ニュース 一覧

【RISE】”天心の極真時代のライバル”南原健太が計量パス「強さを証明する年にしたい」

2022/01/22(土)UP

計量をパスした南原健太(左)とミヤギン(右)

 1月23日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE154』の前日計量が22日(土)14:00~都内にて行われ、第3試合の-92kg契約で対戦する南原健太(極真会館)は91.3kg、ミヤギン(team Bonds)は87.55kgで計量をパスし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

 南原は、2015年の全世界大会では最年少の日本代表に選ばれ極真会館第35回(2018年)全日本ウエイト制空手道選手権大会で準優勝。小学生時代は、那須川天心と空手の大会で争い6勝2敗と勝ち越している。今年7月にプロデビューし、前戦となった昨年10月のクワン・サックランシット戦では2RKO勝ちを収め現在2戦2勝。

 そのクワン戦では82kg契約だったが、今回は92kg契約での試合となった南原は「前回よりも10kgも重い試合になるのでパワーアップをお見せできると思います。フィジカル面をしっかり強化して、ただ体重を増やすだけでなく筋トレ、走り込みと練習量を増やしていた。92kgまで届きませんでしたが、これからガッツリ食べて増やそうと思います」と体重増加は問題ない様子。

 今回の相手・ミヤギンは、NJKFを主戦場とする選手で4勝3勝1敗(2KO)の戦績を持つファイター。南原は「技術でも完封して、しっかり倒しにいって、インパクトあるKOを見せます」とKOを予告。2022年の目標を聞かれると「南原健太の強さを証明する年にしたいと思います。今年は寅年で、年男になるので調子がいいので期待して下さい」と意気込みを語った。

 対するRISE初参戦のミヤギンは「RISEに初参戦させていただきありがとうございます。数少ない重量級の試合なので、インパクトのある試合をします。今年の試合は全部勝って、もっと自分の名前を覚えてもらえるよう、重量級らしい派手な試合をします」と自信を見せていた。

 

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】1.23『RISE』鈴木真彦vs拳剛のタイトルマッチほか生中継・配信情報

・【RISE】2度目の防衛戦に挑む鈴木真彦がKO決着に自信、6月ビッグイベント参戦にも意欲

・元仮面女子・川村虹花が新年の格闘技練習にファンは「復帰か」「バキバキGO」などと期待

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧