TOP > ニュース 一覧

マイク・タイソンがカネロの敗因を指摘「基本はこうだ」とパンチの実演にファン驚愕

フォロー 友だち追加
2022/05/09(月)UP

マイク・タイソン(Naoki Fukuda)

 57日(日本時間8日)米ラスベガスにてWBAライトヘビー級王者ディミトリー・ビボル(31=ロシア)に1階級下のスーパーミドル級世界4団体統一王者サウルカネロアルバレス(31=メキシコ)が挑戦したが、判定3-0(3者とも115-113)で敗れた。それについて伝説のヘビー級王者マイク・タイソンが自身のSNSでカネロが負けた理由を述べながら、サンドバッグで実演。その破壊力と鋭い動きが話題となっている。

【動画】タイソンがジャブから強烈な連打を披露、その解説と動きにファン驚愕

 カネロはタイソンのポッドキャスト番組に出演するなど親交があり、今回の試合もタイソンが観戦に訪れていた。

 タイソンは自身のインスタに「巨人を倒すのは基本、なぜビボルはカネロに勝てたのか」とつづり、動画を配信。動きを交え口頭で説明している。

 その基本とはジャブだ。タイソンはカネロはジャブが少なかったと指摘「もしもジャブを効果的に、そして有効にジャブが打てていたら違った試合になっていた。容易に相手に懐に入らせなかった」と語る。

カネロがビボルのジャブからの連打を多く被弾した(C)DAZN

 試合は序盤から、ビボルがジャブの連打からワンツースリーと連打で繋げると、カネロはその打ち終わりにパワーのあるフックやアッパーを叩き込んでいた。確かにジャブは少なく、いきなりパワーフックを放って行った。早期にKOしようという作戦だったのか。タイソンが指摘したようにジャブがなく懐に入らせたためか、ビボルのジャブからの連打も浴びた。

 タイソンはジャブの基本はこうだとサンドバッグに向かう。鋭いジャブの連打から右、大きな音が響く。得意のヘッドスリップを見せ「ジャブはムービングをしていけば、そのあとのコンビネーションは予測がつかないんだ」と力説した。そのヘッドスリップも往年のキレを彷彿させた。

 ファンからは「もっとやってくれ」「レジェンドが語った」「タイソンにやられそうだ」とその動きと解説に称賛の声が並んだ。

 次戦、カネロは9月にゴロフキン戦が計画されていたが、ビボルとのリマッチとも報じられる。いずれにしろ、タイソンの言う”基本”で次戦勝利につながることを期待したい。

▶︎次のページは【動画】タイソンがジャブから強烈な連打を披露、その解説と動きにファン驚愕

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【ボクシング】カネロがまさかの敗戦!1階級上の王座挑戦も無敗王者ビボルに後半被弾多く判定に差=試合結果

・激怒タイソン、機内で泥酔した迷惑男を鉄拳制裁!“殴打”映像に「全盛期であれば、これで済まない」と多くの擁護の声

・渦中のマイク・タイソンの豪快KO3選をTOPRANKが公開し話題「このパンチは頭蓋骨を破壊する」

・マイク・タイソンが再び怒り、女性の赤い爪がタイソンの鼻に…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧