TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】カネロがまさかの敗戦!1階級上の王座挑戦も無敗王者ビボルに後半被弾多く判定に差=試合結果

2022/05/08(日)UP

[Result:Dmitry Bivol dominates vs Canelo Alvarez]

カネロが後半に被弾多く、まさかの判定負けを喫した(C)DAZN

 5月7日(日本時間8日)米ラスベガスT-モバイルアリーナにて『WBAライトヘビー級タイトルマッチ』のが行われ、王者ディミトリー・ビボル(31=ロシア)が挑戦者で1階級下のスーパーミドル級世界4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス(31=メキシコ)を判定3-0(3者とも115-113)で破り、ビボルが11度目の防衛(正規王座では9度目)の防衛に成功。戦績を20勝(11KO)無敗とした。
 カネロは13年にメイウェザーに判定0-2で敗れたとき以来2つ目の黒星となった。

【動画】カネロショック!判定が読み上げられ、敗北の瞬間

 試合は序盤からビボルは長身とリーチを生かし、ジャブの連打からワンツーからの左の連打で攻める。カネロは様子を見てか手数は少ないが、ジリジリとカネロが圧力をかけはじめ、力強いフック、アッパーを単発で放っていく。カネロは2R、3Rには右フックをしっかり入れ、ビボルのバランスを崩す。
 4R、ビボルは連打で前に出る。カネロをロープまで下がらせるも警戒してか、ジャブばかりでなかなか手を出さない。カネロは再び前に出て右アッパーを入れ会場を沸かせる。

 5Rには再びビボルの連打、やや被弾したか、ロープを背にしたカネロが”カモン”のゼスチャー。それに再びビボルの攻めが止まる。
 6Rからビボルのジャブからのワンツーが入るなど、ビボルのジャブの連打そして左右の連打が目立つようになる。7Rにはカネロの右の打ち終わりにフックをヒットさせるなど、ビボルペースか。

 9Rにはビボルの連打が全て読まれるようにかわされ当たらず、再びカネロの力強いフック、アッパー、そして左ボディブローがヒットし、ビボルの動きを止める。
 しかし、10R、11R、ビボルの連打をかわしてボディを狙うカネロだが、ボディの打ち終わりに開いたガードにビボルのフックがヒットする。ビボルは手数も出しペースを握りはじめる。カネロのパンチからパワーが落ちる。

 最終12R、前に出てボディ、アッパーを放つカネロだが、ガードの硬いビボルはしっかり受けてカネロに返し、カネロの被弾が目立つ。カネロは下がって距離を取るが、ビボルのジャブからの連打を被弾。ビボルが圧力で攻めカネロがコーナーに後退したところで終了のゴング。後半差がつき判定でカネロが3-0の判定で敗れた。

 カネロは一昨年11月に一度、ライト・ヘビー級に上げ王者コバレフを11ラウンドKOで王座を奪取し4階級制覇を達成しているが(その後返上)、2度目のこの階級の王座奪取とはならなかった。

 カネロは9月に3度目のゴロフキン 戦が報じられるが、この敗戦で対戦の決定に影響が出るのか。今後の動向に注目したい。

▶︎次のページは【動画】カネロショック!判定が読み上げられ、敗北の瞬間

Result:Dmitry Bivol dominates vs Canelo Alvarez

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・カネロが階級上げ無敗王者ビボルとともに筋肉隆々の計量パス、カネロ勝利でゴロフキン戦につなげるか

・5.7カネロと対戦の無敗王者ビボル「確固たる勝つ自信あり」

・まるでポパイ!ゴロフキン、驚異の前腕の太さ見せる”これが岩石パンチの秘密か!?”

・ゴロフキンが浅草雷門に出現

・【DEEP JEWELS】中井りんが圧巻の腕十字一本勝ち、盤石の強さで杉山しずかとの決勝へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧