TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】天心vs武尊ほか、全試合の公式ルールが発表、ワンキャッチ・ワンアタックがどう左右するか

2022/06/15(水)UP

那須川天心vs武尊がメイン『THE MATCH 2022』のルールが決定した

 619日(日)東京ドームで開催される格闘技イベント『THE MATCH 2022』のルールが主催者より15日、公式に発表となった。

【武尊vs天心戦のルール】
「那須川天心vs特別キックボクシングルール」で肘なしの33R+延長1R制の3ノックダウン制。延長Rに入った場合はマストでジャッジし、どちらかに必ず優劣を付ける。ジャッジは5名による各ラウンド10点法で採点。5名のうち3名が優勢と判断した選手が勝ちとなる。

 掴みはワンキャッチ、ワンアタックありの攻撃が伴う瞬間的なもののみ1発のみ有効。相手の蹴り足を掴んだ場合は瞬間的に蹴り、ヒザ、パンチのいずれ1発のみ有効。相手の頭部を掴んだ場合は瞬間的にヒザ蹴りが1発のみ有効とする。

 RISEとK-1はほぼ同じルールだが、ワンキャッチ、ワンアタックはRISEにありK-1にはない。これがどう天心vs武尊の勝敗に左右するか。

発表された『THE MATCH 2022』のルール

【アンダーカードの15試合=THE MATCH 2022 キックボクシングルール】
 肘なしキックボクシングルール。ワンキャッチ、ワンアタックは相手の頭部の掴みから1発のみ有効、相手の蹴り足の掴みは反則となる。ジャッジは3名で各ラウンド10点法で採点。3名のうち2名が優勢と判断した選手が判定勝ちとなる。このワンキャッチ、ワンアタックはRISEとK-1の中間を取った形だ。RISEにはムエタイ出身者の志朗やシュートボクシングの海人など、蹴り足を掴んでからの打撃に慣れている選手がおり、その影響がどう出るかにも注目される。

 また、メインイベント(第15試合)の那須川天心vs武尊、セミファイナル(第14試合)の海人vs野杁正明、第13試合の原口健飛vs山崎秀晃の3試合は、全ラウンド、点数を公開するオープンスコアリング方式になることも発表された。

 アンダーカードを含めた16試合、勝つのはK-1側かそれともRISE側か、果たしてどちらか。

●編集部オススメ

・【THE MATCH】全試合順が決定、勝敗を全部当てたら1000万円企画も

・【テレビ・配信】那須川天心vs武尊の生中継情報、割引の視聴方法も=6.19 『THE MATCH 2022』

・【THE MATCH 2022】最新情報 専用&まとめページ

・朝倉未来、メイウェザーに「普通に弱そう」「ガンガンもらいながらKOする」と自信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧