TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】勝利の玖村将史、志朗は「思ったほどパワーなかった」志朗は「作戦的に上を行かれた」=試合後インタビュー

2022/06/19(日)UP

勝利したK-1の玖村、対抗戦を1勝1敗とした

 6月19日(日)東京ドームで開催中の『Yogibo presents THE MATCH 2022』の第2試合(-55.0kg契約)で対戦した、志朗(Be WELLキックボクシングジム)と玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)が試合後のインタビューに応じた。

【フォト】玖村が右クロスで志朗からダウンを奪った瞬間

 試合は、序盤から志朗が左ジャブ、右ローキックを中心にサークリング。すると、2Rに玖村が狙い澄ました右フックでダウンを奪う。3R、志朗はパンチのコンビネーションで攻めるが、攻めきれず。玖村が判定で勝利した。

コメントする玖村

 RISEとK-1の対抗戦を1勝1敗とした玖村は、勝利したことについては「良かった」としつつも、試合内容には満足していない様子だった。

 志朗との技術戦は「思ったより距離が遠かった。ジャブとかポイントを取る戦い方が上手い」と振り返る。技術面では、志朗に上手さを感じたというが「思ったほどパワーがなかった」とのこと。圧をかけることで、自身のペースに引きずり込んだ。

 さらに「日本で一番強いと思っていた選手に勝ったので、実質僕が一番強い」とアピール。今年2月に敗戦した、K-1王者・金子に対して「負けているので、やりかえしにいきたい」とリベンジを見据えた。

試合を振り返る志朗

 敗戦した志朗は「作戦的に上を行かれました。もっとジャブとか多かったり技術的なものが多いと思っていた。距離を潰してきて、パワーや印象で負けたなと思います」との感想を語る。

 今後については「またやるかは分からないけど、格闘技が盛り上がれば対抗戦もあると思う。今みたいにトップにいないとダメだなと思います」と話した。

 ちなみに、K-1ファイターと戦ってみて「種目が違う。競技が違うなと思いました」とのこと。攻撃が主体のK-1の戦い方に驚いているようだった。

▶次のページ:【フォト】玖村が右クロスで志朗からダウンを奪った瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・K-1玖村将史、志朗からダウン奪う勝利

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合 結果 速報

・那須川龍心が大久保琉唯に惜敗!OP戦でKー1が先勝

・天心vs武尊 本日決戦!PPV生中継のABEMA「混雑回避に19時前の購入を」11時より放送開始=【THE MATCH 2022】

・【THE MATCH】大会開催控え、東京ドーム前は大盛況!約6万人の観客動員へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧