TOP > ニュース 一覧

那須川天心、武尊とリングで涙を流した理由「今までのこと、表で言えないことも沢山ある」

2022/06/20(月)UP

天心がリングで涙を流した理由を語った

 6月19日(日)東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』の一夜明け会見が、20日(月)都内にて行われ、メインイベントで、”K-1のカリスマ”武尊に1Rに左フックでダウンを奪い、判定勝利した那須川天心(TARGET/Cygames)が出席した。

【フォト】武尊、そして父親と抱き合い、涙する那須川天心

一夜明け会見に出席した那須川

 キックボクシング最後の試合で、最強の相手に勝利した那須川。世紀の決戦から一夜明けて「こんな東京ドームという大舞台で、相手が武尊選手という最高の素晴らしい選手で、大きな舞台で戦えて勝つことが出来てホッとしています。武尊選手には感謝しかないです」と安堵の表情を見せた。試合後、興奮が冷めなかったのか、昨夜は初めて1睡も出来なかったという。

 ダウンを奪ったフックについては、昨夜の会見でも振り返っていたが「パワーだったら武尊選手には勝てないですし、本当今回は大きく振ることは一切意識していなくて、針の穴に糸を通す意識でコンパクトにショートにカウンターを合わせました」と改めて解説。

共に戦ったRISE、シュートボクシングのファイターたちとカメラに収まった

 近距離での打ち合いで、パンチを振り回すと武尊の強打に飲み込まれる可能性も考え「パンチが大きくなるといけない。打ち合いの距離は武尊選手強いので、そこを修正するトレーニングを父親とやっていました」と、自身の考えられる弱点を徹底的に潰しての攻略だ。

 今大会は、天心率いるRISEvs武尊率いるK-1の対抗戦で注目を集めた。結果は、競り合うもRISEが勝ち越す形となった。

 それについて聞かれた那須川は「どっちが強かったとかではなく、みんな選手が頑張って、応援している人も、RISE派、K-1派とか、そうじゃないものが生まれたと思う。僕の身内、僕を応援している人でも、武尊選手を応援したくなったとか。RISEしか見ていなかった人もK-1を見たくなったとか、今回の試合であったので、結果として勝ち越したのはありますが、そこはそこまで関係ないんじゃないかと僕は思いました」と話す。

勝利し雄たけびを上げる那須川

 那須川にとっては、対抗戦の勝敗というより、キックボクシング全体の活性化がテーマだったようだ。

 リングで武尊と共に涙を流した那須川。その訳を聞かれると「僕良く泣きますよね。感情が出て来たというか。6、7年くらい望まれて出来なかったカードがやっと出来て、拳で語るじゃないですけど、2人じゃないと分からないことも沢山ある。表で言えないことも沢山ある。条件や今までの経緯だったり、そういった思いが全部あそこに出たのかな。選手たちはお互いやりたかったし、色んな事情があってやれなかったのを爆発させたというか、それがお互いに出たのかなと思います」という。

那須川のカウンター

 キックボクシングのキャリアを第1章と捉える那須川は、第2章であるボクシングに転向することになる。ここまでの戦績は、MMAやミックスルール、キックボクシングルール全てを合わせて46戦46勝(32KO)無敗。

 これまでの戦いをかみしめるように那須川は「あまり考えていなかったですが、寂しい気持ちはあります。覚悟はしていましたが、最高の形でみんなが納得する形でキックボクシングを終われる。日本で最強をやっと証明出来た。自信持って僕の第一章を終われる。寂しいですけど、人生なのでしっかりと心に刻みたい」と語った。
 そして第二章、那須川はボクシングのリングに変え戦いに挑む。

▶︎次のページは【フォト】武尊、そして父親と抱き合い、涙する那須川天心

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・那須川天心vs武尊、”世紀の一戦”を今夜限りABEMAにて無料配信!榊原氏は違法動画に警鐘

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合結果

・武尊「悔しさ忘れないために」敗北後に”最高の仲間”と記念撮影、1万5千件の“いいね”

・佐藤美希がグラビア美ボディ、柔道投げ技”30種類”挑戦の美女

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧