TOP > ニュース 一覧

【K-1】KANA、世界最強に向けて“女子PFP”アニッサ・メクセンを意識「K-1が一番を証明したい」

2022/06/26(日)UP

立ち技女子世界最強を目指すKANAは、魔裟斗のハイキックKO予言に驚いていた

 昨日25日、東京・国立代々木第二体育館にて開催されたK-1初の女子大会『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』の一夜明け会見が26日に都内で行われた。
 登壇したのは、K-1 WORLD GP女子フライ級王座を防衛したKANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)。スーリ・マンフレディを左ハイキックでKOし、大会を成功に導き、女子のPFP(パウンドフォーパウンド)、アニッサ・メクセンの名前を出した。

【動画】KANAが対戦要求するアニッサ・メクセンの鬼連打KO

 KANAは「メインイベントで、KOという最高の結果を残せたことに満足しています。こうした大会を開催していただいたことに感謝しています」と挨拶した。

KANAは、この左ハイキックでスーリをKOした

 そして大会を振り返り、「自分の試合に関してはたくさんメッセージをいただき反響も大きくて、自分としてはいいスタートが切れたのかなと思います。ただ、大会全体としては、お金を払ってチケットを買って見に来ていただいたファンの方々に、そこに値する試合ができたかというと、まだまだの試合もあったと思います。でも、これがK-1女子のスタート。会場を小さくするのではなく、代々木第二を満員にすることがK-1女子の目標かなと思っています」とKANAは前向きなコメントを残した。

 試合では、KANAは1Rにスーリから右フックでダウンを奪うと、続いてパンチ連打で二度目のダウンを奪い、追い込んでいた。ところが仕留めにいった時に、カウンターの右フックをもらい意識が飛んだという。

「相手がめちゃくちゃタフで、初めて攻撃を効かされました。自分がダウンを2回取っていることを忘れるくらいダメージがあって、ダウンを取られたと思っていたくらいでした。ダウンを奪ってから攻撃力がアップしてきて、最後まで目が生きていて倒しに来てくれて、その結果、最後のKOの場面につながりました」と死闘を振り返った。

KANAとパヤーフォンの最強コンビ誕生

 狙っていたのは、オーバーハンドフックとハイキック。ジムの大宮司進会長と作戦を立てて、それが見事にはまった形になった。解説席の魔裟斗が、ABEMAの中継で「ハイキックが当たるかも」と予言した直後に当たったことがネットで話題になっているが「予言者が現れましたね」とKANAも驚いていた。

 メインのKANAが登場するまで、日本vs世界・3対3は1-2で負け越し。セミファイナルでは同門の菅原美優がパヤーフォンに敗退、そして先日19日の『THE MATCH 2022』では“K-1のカリスマ”武尊が那須川天心に負けるという、K-1にとってかなりの逆風にあった。

 それでもKANAは笑顔で入場した。その理由について聞くと、「おそらくゾーンに入っていたんだと思います。武尊君が負けてしまったことでエネルギーを奪われてしまいましたが、逆に力に変えようと奮い立たせました。また目の前の試合で、美優ちゃんが負けて隣りで大号泣をしていたんですけど、あえてその場を離れずに、すべて力に変えようとしました。そして、倒されてもいいから、KOで勝負することを決めていたんです」と覚悟を決めてリングへ上がっていたことを明かした。

 また、KANAはタイトル防衛後、フランスのアニッサ・メクセンの名前を出して対戦を要求する場面があった。メクセンは、女子キックボクシングのパウンドフォーパウンドと評価される強豪で、WPMFやWBCムエタイ王者、2017年にはGLORY世界スーパーバンタム級王座を獲得。102勝33KOの驚異的な記録を持っている。

 現在、ONEと契約中のメクセンと戦うためにはハードルはたくさんある。それでも対戦要求をした理由についてKANAは、「この試合前にプーケットでメクセンとスパーリングをしたんですけど、ボコボコにされてしまいました。同じ階級の選手なので、こんな強いヤツがいるんだと知りました。K-1が一番であることを証明するためにも強い選手と試合をしたいと思いました」と世界王者のプライドから出てきた発言だという。

 K-1女子を引っ張る存在として、KANAはこれからも危険な戦いに飛び込んでいくのだろう。

▶次ページは、【動画】KANAが対戦要求するアニッサ・メクセンの鬼連打KO

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】女王KANA、フランス強豪をハイキックKOで初防衛「日本中の女子格闘技を背負っていきたい、K-1最高!」

・”青のセーラーに長い脚”K-1ガールズ8名が初お披露目、グラマラスさに熱視線

・【フォト】K-1ガールズ8名が決定、”スラリ長い脚”レースクイーンや空手や少林寺黒帯も

・【K-1】ゆりやん、ド派手なアメリカン水着でラウンドガール「見たくない人には…」

・『K-1』6.25 女子大会「RING OF VENUS」全試合 結果 速報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧