TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊が休養とベルト返上を発表、うつ病、未公表だった怪我も

2022/06/27(月)UP

武尊が会見で休養宣言

 6月19日に行われた『THE MATCH 2022』で那須川天心と対戦したK-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者の武尊が、本日27日に記者会見を行った。
 武尊は「勝者はスポットライトを浴び、敗者は静かに帰るイメージだったが、その花道に多くの人が集まってくれた。ありがとうという言葉をたくさん頂いた。その時のことは一生忘れないと思う」と涙ぐむ。

【フォト】武尊がベルトを持ち会見、涙ぐむシーンも

 そして「今までこの10年、勝ち続けてきた時のどんな”おめでとう”より嬉しくて、気づけなかったことがあった。どんな勝利よりも報われたと思えた。これを大切な財産として生きていきたい」とした。

武尊の右ストレートが天心の顔面を直撃

 そこで、この10年で言えない怪我や体調、無理てやってきたとし、「格闘家として一旦歩みをストップさせていただきます」と休養宣言した。

 休養の理由として、公表してこなかったと言う腰の分離すべり症で下半身の痺れがあったという。さらにヒザの前十字靭帯損傷、拳の怪我の未完治など、身体へのダメージは相当のものだった。また「数年前から精神科の方に通わしていただいて、パニック障害とうつ病と診断されていました。試合前に体調が悪くなった時期もあって、今の格闘家だけでなく、今後の人生を考えた時に、この後の人生が壊れてしまうなと思った」と告白。
「この機会にしっかり治したい」と語った。

また、自身の持つK-1スーパー・フェザー級のベルトを返上することを決めた。

「今回負けてしまって、K-1の大将として、K-1を背負わせてもらって、ずっと戦わせてもらって、K-1の代表として負けてしまったということは、K-1を背負う資格はないので、僕はもうけじめとして返上させてもらいます。新しいスター、背負う選手が出てくると思っている。楽しみにしているし、僕が復活した時にその選手とやりたくなるかもしれない」と、理由を語った。

▶︎次のページは【フォト】武尊がベルトを持ち会見、涙ぐむシーンも

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・武尊に因縁の皇治が宣戦布告「引きずり出し今度こそ勝つ!皆さん力を貸して下さい」

・【テクニック】武尊、空振り続くも3Rに1発の右が天心の顔面にヒット!天心は仰け反るも異次元の反撃へ=試合結果・分析

・アントニオ猪木、アリとの対戦記念日に笑顔のツーショット「死闘を乗り越えた友情だ」ファン歓喜=6.26

・天心vs武尊戦で話題の”グラマラス”K-1ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧