TOP > ニュース 一覧

【K-1】女子王者・KANAの豪快ハイキックKO防衛に、魔裟斗「初の女子大会、メインで沸かせる責任感が強くさせた」と絶賛、話題の”KO予言”の謎も

2022/06/29(水)UP

見事な左ハイキックでKO勝利したKANA

 6月25日(土)に開催されたK-1初の女子大会『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』。そのメインイベントでは、K-1女子フライ級王者・KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が3R、左ハイキック豪快KO勝利で大会を締めた。さらに解説の魔裟斗が”KOを予言した”と話題になった。

【動画】KANAが左ハイ一撃KO!、魔裟斗の”予言”の元の試合も

「頭に浮かんだ」と自身のSNSで語る魔裟斗
魔裟斗チャンネル

 メインイベント[K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ]では王者のKANAが、挑戦者のスーリ・マンフレディ(フランス)を迎えた。KANAは1Rスタンディングダウンを奪うも、打たれ強くパワーのあるマンフレディは粘る。

 迎えた3R、KANAはカーフキックとローを混ぜて攻撃する。解説の魔裟斗が「さあここからハイキックかな」と口に出した1秒後、その通りにKANAが右サイドに周って左ハイキックを炸裂した!
 これをまともに食らい、マンフレディは立ち上がれず、KANAがメインイベントで見事なKO勝利を収めたのだ。

 SNSでは「預言者、魔裟斗」「魔裟斗のガチで神がかってる」と驚きの声が並んでいた。

 魔裟斗は動画で「俺見えたもん。KANAがあそこからハイキックを蹴る画が頭に浮かんだんだよね」と語る。

 続けて「見えたと言うか、今までKANAの試合を何度も解説して、その中でこの流れでハイキックを出すKANAを見たことがあるな、と思い出した。これ見たことがある、これハイキック出すパターンだと思ったら来たわけ」と今までのKANAを見てきた経験から頭に浮かんだのだと言う。

かつて同じ左ハイキックでダウンを奪っているKANA=18年

 KANAは16年のKrush女子王座防衛時、挑戦者のキル・ビーに、同じくローの連打からの突如右ハイキックでKO勝利している。
 またK-1では18年、ポリナ・ペトゥホーヴァに、今回と同じように打ち合いからの右サイドに回って左ハイキックで見事なダウンを奪っている。この試合では解説は魔裟斗だった。

 魔裟斗は「予言ではない。自分の経験と、KANAのこれまでの過去の動きを見ていて。ハイキック出す前、下を見ながらローキックを何発か出す。下見てロー蹴ってハイ狙ってるしかないじゃん。ロー蹴りますよ、ハイじゃん!って展開を狙ってるんだろうなって直感的にわかったんだよね」と純粋な予知能力ではないと説明した。

 またKANAについて「良かったよね、強くなってた。一皮剥けた」と評価する。「女子のはじめてのK-1大会でメインイベント。面白い試合をして女子でも沸かせる試合をしなきゃいけないって責任感が、今までの大会で一番強かったと思う。武尊もそうだったし天心もそうだと思うけど、立場が人を成長させていってるんじゃないかな」とメインをKO勝利で締めたKANAの成長を称えた。

▶次のページ:【動画】KANAが左ハイ一撃KO!、魔裟斗の”予言”の元の試合も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・魔裟斗、武尊の怪我は「練習しながら治らない」、心の病は「プレッシャー、休憩したほうがいい」

・菅原美優、”きゅんな水着”の計量に見た筋肉アップ!王座獲得なるか

・【K-1】KANAが美しき刺客からハイキックでダウンを奪う圧勝=18年

・【K-1】美女の顔が…菅原美優が流血も、腫れた顔で「この負けを無駄にしないよう強くなる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧