TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】昇侍が試合で骨折の右腕手術へ「骨折も打ち続けた結果、後悔無い」レントゲンも公開

2022/07/06(水)UP

手術の必要があることを報告した(昇侍Twitterより)

 7月2日(土)沖縄アリーナで開催された『RIZIN.36』にて拳を負傷した朝倉海の代わりに韓国のヤン・ジヨンと対戦してリアネイキッドチョークで一本負けを喫した昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)が、右腕を骨折していたことが分かった。昨日5日、昇侍はレントゲン写真をSNSで公開。前腕に大きな亀裂が入っていた。

【フォト】昇侍公開の腕骨折のレントゲン写真

 昇侍は、「折れたのは1ラウンド1分51秒に打った右フックで前腕がヤン選手の頭部に当たり、ラリアットのような感じになり“ボキ”っと音がして折れてしまいました」と明かした。試合開始からアグレッシブにパンチで攻めた昇侍は、いきなりの骨折でゲームプランが大きく狂ってしまったようだ。

 それでも最後まで打撃を打ち込み勝利を目指したが、3Rにバックを奪われるとリアネイキッドチョークにつかまり、一本負けを喫した。昇侍は「手術することになりました。骨が折れてからもパンチを打ち続けた結果ですが後悔はありません。心も身体も休めてしっかり治していこうと思います」と手術になることを報告。 

 さらに「応援ありがとうございました。本気で勝つつもりで挑みましたがヤン・ジヨン選手とても強く素晴らしいファイターでした。右腕を骨折してしまったのでしばらく休養します。応援してくださったみなさん本当にありがとうございました」とジヨンの強さを称え、休養に入ることを明かした。

 まだ手術の予定や完治までどのくらいかかるのかは不明だが、盟友・朝倉海のために漢気を見せた昇侍の評価が高くなったのは間違いない。再び勇姿を見せてくれる日が待ち遠しい!

▶次ページは、【フォト】昇侍公開の腕骨折のレントゲン写真

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉海の代役・昇侍がジヨンのチョークで失神負けも闘志失わず

・【RIZIN】昇侍が男泣きで復活誓う、右腕が骨折疑いも「絶対に戻ってきます」

・【RIZIN】朝倉海の欠場もヤン・ジヨン「1R KOする」と闘志消えず、昇侍との打ち合い必至!=7.2沖縄

・朝倉未来が鼻骨折を報告「メイウェザーでまた折れる」やや曲がって見える鼻にティッシュ詰め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧