TOP > ニュース 一覧

朝倉未来vsメイウェザーのルールが明らかに”体重は有利、グローブは小さくていい、3R全力で行く”

2022/07/12(火)UP

朝倉未来とメイウェザーが会見で睨み合う

 ボクシング世界5階級制覇のフロイド・メイウェザーと朝倉未来が今年9月の『RIZIN』で対戦するが、そのルールについて昨日11日、朝倉のYouTubeにて配信された。
 朝倉は三人のボクシング元世界王者、渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則にテクニックを教わりながら、その会話の中で語られた。
 まず、ボクシングルールのエキシビションであると言うことは大前提で、体重については70kg契約であることは会見直後の朝倉のYouTubeで語っていたが、さらに新たにラウンドは3ラウンド制、グローブは8オンスと語った。
 朝倉は8オンスグローブをつけ、畑山や竹原の持つミットに快音を響かせ、メイウェザー対策として必殺技も伝授された。

【フォト&動画】メイ対策、渡嘉敷秘伝の技には謎のモザイク、畑山の伝授に朝倉がミットで快音!

 体重が違うだけで、グローブ、ラウンドは天心と同じ。天心の時は66.67kg契約だったが、朝倉は体重について「今回70kg契約、自分は当日77kgまで戻すんで。今は79kg。メイウェザーは普段72kgって言ったんで、多分パンチは僕の方が重いと思います」と体重について有利さを語った。

 そしてグローブは8オンス、通常、ボクシングではスーパーライト級以下(63.5kg)までに使用されるもの。70kgだと10オンスだが、通常より軽いグローブとなる。渡嘉敷が「グローブは小さい」と言うと朝倉は「僕は小さい方がいいですけど」と普段はオープンフィンガーのため、そう語る。8オンスグローブを見て「結構でかいっすね」と言う。竹原は「ボクシンググローブは脳にくるから」とグローブが大きい分、脳の揺れが大きいと話す。
 畑山は「ルールは3ラウンドで決定?」と言うと朝倉は「はい」とうなずき「僕的には3ラウンドがいいです。8ラウンドとかだともっと勝率が下がるんで、3ラウンド全力で振り回していこうかなって」と意気込んだ。

 動画ではメイウェザーと同じ階級で別団体WBAの世界王者だったこともある畑山がメイウェザーの弱点を分析した上でのミット打ちを教えた。渡嘉敷はサウスポーの朝倉だからできる技を「これはものすごい効く、メイウェザーもこれあんまり知らないから。みんな使わない技」と言いながら伝授。畑山が「これメイウェザーが見るかもしれない」と指摘。そのためか、この技にはモザイクがかけられた。

 また、竹原は「俺の願望を言うと、一回ダウンを奪ってメイウェザーを本気にさせてほしい」と言うと「全力で行きます、最初から」と朝倉。蹴ったら5億の話も出たが「最初から正々堂々と行く」と蹴りには行かず3ラウンド、ボクシングで戦うと明言した。

 なお「渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル」では、この三人と朝倉が対談で対策について語っている。

▶︎次のページは【フォト&動画】メイ対策、渡嘉敷秘伝の技には謎のモザイク、畑山の伝授に朝倉がミットで快音!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・朝倉未来、早速YouTubeアップ!メイウェザーへ「普通に弱そう」「ガンガンもらいながらKOする」と自信

・【テレビ】7.13 井岡一翔vsニエテスは何時から? 比嘉大吾も参戦=地上波とネット配信

・前田日明、朝倉未来のメイウェザー戦に「普通はコテンパン、1発罰金5億円の蹴りを当てるか、彼の幸運にも期待したい」

・話題のリングガール雪平莉左が”Fカップ美ボディ”披露、井上尚弥戦の涙も語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧