TOP > ニュース 一覧

【DEEP】46歳・今成正和が5年半ぶりに参戦、フェザー級で芦田崇宏と対決「妖怪狩りします」(芦田)

2022/07/12(火)UP

今成がフェザー級戦で、芦田と対決

 8月21日(日)後楽園ホールで開催される『skyticket Presents DEEP 109 IMPACT』の対戦カードが発表された。

【動画】今成の”秒殺”足関一本勝ち集!/芦田が萩原京平に一本勝ち
 
 DEEPでフェザー級とバンタム級の二階級制覇を達成した今成正和(46=今成柔術)が、5年半ぶりに参戦する。対するは、元フェザー級王者・芦田崇宏(32=BRAVE)。DEEPフェザー級戦(5分3R)で行われる。

 今成は“足関十段”の異名を持つ足関節技の達人。独特のムーブで相手の足元に滑り込む“イマナリロール”は世界的な知名度を持つ。DEEPで2階級制覇を達成し、DREAMでも活躍した。

必殺の足関節技ヒールホールドで大原樹理に秒殺一本勝ちした今成=17年

 DEEP参戦は17年3月以来5年半ぶりで、現DEEPライト級王者の大原樹理をヒールホールドで23秒葬して以来となる。

 昨年もRIZINバンタム級GPに出場し、10月のRIZINランドマークでは春日井“寒天”たけしに一本勝ちと極め力は今も衰えを見せない。今回はフェザー級に階級を戻しての参戦となる。
 
 対する芦田はレスリングとボクシングをベースとし、ボクシングではインターハイにも出場。17年にDEEPフェザー級王座を戴冠した。

萩原京平にアームロックを極める芦田

 RIZINにも参戦し、20年9月には萩原京平からアームロックで一本勝ちを奪っている。しかし昨年10月に金原正徳にTKO負け。前戦の今年4月には山本美憂の夫カイル・アグォンに判定負けし、2連敗中だ。

 芦田はSNSで「しっかり妖怪狩りします」と大先輩への必勝を期している。

 今成がグラウンドに引きずり込み、必殺の関節技で芦田を極めるのか。芦田がベースのボクシングとレスリングを生かし、今成の寝技から逃れ連敗脱出することが出来るか。

<対戦決定カード>
▼DEEP フェザー級 5分3R
今成正和(今成柔術)
vs
芦田崇宏(BRAVE)

▶次ページは【動画】今成の”秒殺”足関一本勝ち集!/芦田が萩原京平に一本勝ち

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】今成正和が春日井の右腕を壊す一本勝ち、春日井は引退宣言

・【RIZIN】芦田崇宏、萩原京平に1R一本勝ち「YouTuberだろうがキックボクサーだろうが誰でもやる」大晦日参戦アピール

・今成正和が現ライト級王者・大原樹理を23秒葬=17年(記事下段)

・朝倉未来vsメイウェザーのルールが明らかに”体重は有利、グローブは小さくていい、3R全力で行く”

・【テレビ・配信】7.13 井岡一翔vsニエテス「WBO世界Sフライ級タイトルマッチ」TV生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧