TOP > ニュース 一覧

石井慧がプロボクシングに参戦!相手はデビュー54秒KO勝利の“ヘビー級”新鋭

2022/08/02(火)UP

近年はK-1にも参戦し打撃に磨きをかけてきた石井が、プロボクシング参戦

 柔道北京五輪金メダリストの石井慧(35=クロアチア/チーム・クロコップ)が、MMA、K-1に続きプロボクシングにも挑戦する。
 8月14日(日)に元ボクシング3階級制覇王者・亀田興毅がプロデュースする『3150FIGHT vol.3』(エディオンアリーナ大阪第1競技場)にて、プロボクシング1戦1勝(1KO)の高山秀峰(29=スパイダー根本)と対戦する。ヘビー級4回戦となる。2日、3150FIGHT公式ツイッターで発表された。

【動画】石井の相手が、僅か54秒で剛腕KO勝利!

 石井は五輪金を獲得後、MMAに転向し近年は海外を中心に戦ってきた。21年にはK-1に電撃参戦し、K-1戦績は3戦3勝だ。直近では6月、クロアチアのMMAイベントで40秒でTKO勝利しており、ボクシングと合わせて”3刀流”のファイターとなる。

石井のバキバキに絞り上げた肉体!ボクシング戦に向けスピードも意識か
@SatoshiIshii より

 石井は今年6月にツイッターで「この度クロアチアのボクシングコミッションからプロボクサーのライセンスをとりました。日本のコミッションのライセンスではないのでMMA、K-1には今まで通り自由にでれます」とプロボクシングのライセンス獲得を報告していた。
 なお石井はクロアチア国籍を持っており、今回は「サトシ・イシイ」のリングネームで”海外選手”としての参戦になる。

 6月末からはロシア・モスクワのボクシングジムでトレーニングキャンプを張っており「淡々と準備を進めている」とミットやサンドバッグ打ちの動画をアップしている。

『3150FIGHT vol.3』では元K-1ファイターで現在はRIZIN等で活躍する皇治(TEAM ONE)も参戦する。皇治はプロボクサーのライセンスを持っていないため、JBC(日本ボクシングコミッション)管轄外のスペシャルマッチとなるが、石井は海外選手として出場するため公式戦になる。

 相手の高山は身長183cmの右ファイター。昨年11月のプロデビュー戦では、僅か54秒でKO勝利を収めている。ツイッターによると「令和の和製マイクタイソン」を目指すとのことだ。
 石井のことは「とても尊敬してる方」「とある格闘技では1番応援してる選手」とあり、今回の対戦には気合が入っていることだろう。 

 なお『3150FIGHT vol.3』はABEMAで生配信される。

▶次のページ:【動画】石井の相手が、僅か54秒で剛腕KO勝利!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ABEMA】皇治が初のボクシングに挑戦決定!無敗のC級KOパンチャーと激突で63秒のバチバチフェイスオフ

・驚異のマッスルボディ、“リアル超人ハルク”が乱闘に!初ボクシング戦に向け早くも肉弾戦

・【K-1】石井慧、一回戦KO突破も負傷で準決勝に黄信号か

・井岡のラウンドガール、笑顔の黒ビキニ”グラマラス”に生中継でも注目集まる

・【パンクラス】圧巻の筋肉美ボディ・沙弥子が3年ぶり参戦、アマ修優勝の原田よきと対戦=9.11

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧