TOP > ニュース 一覧

【K-1】ムエタイ王者・石井一成が初参戦へ計量パス、世界T開催へ「インパクト残す」

2022/08/10(水)UP

初参戦にして、地元福岡大会出場の石井(左)とK-1育ちの藤田(右)

 8月11日(木・祝)、福岡国際センターにて開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K-1フェザー級世界最強決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、10日(水)福岡市内にて行われた。
 第18試合の[K-1バンタム級(₋53kg)ワンマッチ]で対戦する石井一成(ウォー・ワンチャイプロモーション)はリミットの53kgで、対する藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)は52.95kgで、両者とも1回目で計量をパス。その後の会見に出席した。

【フォト】バキバキの腹筋で計量パスする石井一成

 WPMF世界王座など数々のムエタイのタイトルを獲得してきた石井。ムエタイでは、蹴り足のキャッチや掴んでの攻撃が許されるが、K-1では禁止。そのルールにアジャストすべく、意識して練習してきた。

会見に出席した両者

「相手は『1Rから倒しに行く』と言っていたので、迎え撃ちたい」と宣言し、「明日勝って、来年も福岡大会を開催し、バンタム級の世界トーナメントやって頂けるように、インパクトを残して盛り上げたい」と意気込む。地元福岡での初参戦へ、気合を感じさせた。

 対する藤田は、大物相手に「注目を浴びているので、ここで失神させて恥をかかせます」と闘志を燃やしていた。石井を相手に、K-1育ちの藤田がいかにして戦うか注目される1戦だ。

※全選手の計量結果はこちら

<選手データ>

▼第18試合 K-1バンタム級/3分3R・延長1R
・石井一成(ウォー・ワンチャイプロモーション)→53kg

獲得タイトル
BOMスーパーフライ級王者
WPMF世界スーパーフライ級王者
WPMF世界フライ級王者
IBFムエタイ世界フライ級王者
KING OF KNOCK OUT初代フライ級王者
元true4Uフライ級王者
元Phumpanmuangミニフライ級王者

戦績 50戦 36勝(18KO) 12敗 2分

 福岡に拠点を置きアマチュアで14冠を達成し、プロデビュー。スピードのあるパンチや鋭いローキックを武器に日本、タイを股にかけ活躍。WPMF世界フライ級王座、初代KNOCK OUTフライ級王座など国内外の様々なタイトルを獲得してきた、7冠王。

 近年ではヒジ無しルールにも積極的に参戦し、昨年7月には『RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント』に参戦も、RISE王者・大﨑一貴からダウンを奪われ敗北を喫した。今年1月にはNO KICK NO LIFEで新星・花岡竜に判定負け、しかし、4月にはBOMでクンナム・ショウブカイ(尚武会)から2R左フックでKO勝利を奪っている。

・藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)→52.95kg

戦績 9勝(2KO) 4敗 0分

 高校時代に地元・福島県でキックボクシングを始め、上京。K-1ジム目黒に入門し、18年11月にKrushでプロデビュー。回転の速いパンチを武器に好勝負を連発。22年3月には、豊田優輝を豪快なパンチでマットに沈めて、絶大なインパクトを残した。石井撃破へ燃える、K-1育ちの男。

▶次ページは【フォト】バキバキの腹筋で計量パスする石井一成

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』8.11 全試合 結果 速報

・【K-1】8.11 前日計量 結果=ゴンナパーとジャオスアヤイは再計量でパス

・【K-1】篠田麻里子がラウンドガール初挑戦「一緒に格闘技を盛り上げられたら嬉しいです!」=8.11福岡

・熊田曜子がK-1福岡大会ゲスト解説に「K-1次世代の選手は誰か、この目に焼き付けたい」=8.11

・空手黒帯の”RISEラウンドガール”宮原華音、キック練習で美腹筋チラ見せ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧