TOP > ニュース 一覧

井上尚弥vsドネア戦を放送、井上自身が入場からKOまでを解説=15日21時WOWOW

2022/08/15(月)UP

井上尚弥が自身の試合を解説する(c)WOWOW

 8月15日、午後9時より、WOWOWにて67日、さいたまスーパーアリーナで行われた井上尚弥(29=大橋)vsノニト・ドネア(39=フィリピン)の3団体王座統一戦が放送される。
 この放送では、井上と、トレーナーを務める父親の真吾氏が一緒に映像を見ながら解説する構成となっている。

【フォト】井上の入場、KO、ラウンドガールなど、話題となった各シーン

 今月2日にこの番組の収録であらためて自身の試合を見た井上は「トレーニングの段階を含め入場や気持ちの持って行き方など全部良かった。パーフェクトだったと思う」と感想を口にした。

入場、ソロ演奏した布袋寅泰と井上がグータッチ。

 1ラウンドは「様子を見ようかなと思った矢先にドネアの左フックが右目下に入って来てドキッとした。衝撃だった」と開始早々の相手の攻撃を振り返った。勝負を決定づけたラウンド終了間際のダウンについては「左ジャブを出さずに打った右。結果としてフェイントになり、それにドネアが反応してしまった」と分析した。

 2ラウンド開始前、真吾トレーナーは「ドネアの目を見たら効いているのが分かった」というが、井上は「行かないよ」と自分にブレーキをかけたという。それを受け真吾トレーナーは「いいよ、いいよ、それでいいよ」と返答したことも明かした。今回の試合に関して「油断するな、隙をつくるな、雑になるなと言ってきたから」と真吾トレーナーは補足した。

井上の攻め!

 しかし、その言葉とは裏腹に井上は猛攻を仕掛けた。途中で左フックを浴びたドネアがグラリと揺らいだが、そのときは「もう止めてくれ」と思ったという。それはなぜか。フィニッシュブローとなった左フックは「手応えがあった」と振り返った。

 番組ではバンタム級4団体統一戦に向け、残るWBOのベルトを持つポール・バトラー(33=イギリス)との対戦と実現の可能性について言及。さらには1階級を上げた場合の分析、予想なども語られている。

<番組概要>
『エキサイトマッチ~世界プロボクシング 井上尚弥出演!エキサイトマッチSP「井上尚弥vsノニト・ドネア」第2戦 #18』
放送日時:
WOWOWライブ/WOWOW4K、WOWOWオンデマンド 2022年8月15日(月)21時~
WOWOWライブ、WOWOWオンデマンド 2022年8月20日(土)10時~

▶︎WOWOW視聴の申し込みページ

▶︎次のページは【フォト】井上の入場、KO、ラウンドガールなど、話題となった各シーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【フォト】ラウンドガールで注目の”人気グラドル”雪平莉左が涙…井上とドネアが称え合う姿に感動

・【フォト】村田、井上戦ののリングガール天野麻菜はビール女子、グラビア姿も

・秋山成勲&清原和博の筋トレツーショットに“ゴリラ2人だ!”と驚きと応援の声

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧