TOP > ニュース 一覧

【BOM】石井一成がWBCムエタイ世界王座戦へ計量パス「テクニックとパワーで倒しにいきます」

2022/09/23(金)UP

計量パスした石井一成

 2022年9月23日(金・祝)東京・大田区総合体育館で開催される『Shimizu presents BOM OUROBOROS 2022』の前日計量が、22日(木)横浜市内にて行われた。
 メインイベント(第19試合)WBCムエタイ世界スーパーフライ級(52.16kg)王座決定戦で対戦するデットペット・ウォーサンプラッパイ(タイ)とイッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/ウォーワンチャイプロモーション)は共に52.0kgで計量をパスし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

【フォト】メインの石井一成、セミの朝陽が割れた腹筋で計量パス

 8月11日のK-1初参戦で衝撃の3R KO勝利から約1カ月でムエタイルールに復帰を果たす石井は、2019年にルンピニースタジアムでの試合以来のWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ挑戦を迎える。

 計量後、石井は「コンディションはバッチリです。久々に52.16kg契約の試合ですが、今日合わせて4段階で計量があって、いつもより楽に落とせることができました」と好調をアピールする。

ベルトを持つデットペット(左)と石井一成

 相手のデットペットは現ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級1位にランキングしている強豪であり、「計量で身体を見て意外に小さいなと思いましたが、試合映像を見たらどんどん蹴ってきて、距離が近くなるとヒジを合わせてきて首相撲でネチネチ攻めてくるテクニックのある選手。BOMの中川(夏生)代表は今まで僕がやってきたタイ人の中でも一番強いタイ人ではないかと言われていて、僕もそう思いました」と警戒心を強める。

 しかし、「向こうは多分KOを狙うかわかりませんが勝ちに徹してくると思うので、
相手のテクニックをかいくぐって僕のテクニックとパワーで倒しにいきます」と気合い十分。

 今大会には所属するウォーワンチャイプロモーションからレンタ、コウシ、リュウノスケ、イオリの4選手も出場する。「一緒に練習している後輩たちと一緒にリングに上がれるのは嬉しいですね。勝ってつないでもらって、僕が最後に勝ってベルトを巻きたい」と力強くベルト奪取を宣言した。

朝陽も計量パス

 また、セミファイナル(第18試合)のIPCC世界フェザー級(57.15kg)王座決定戦で対戦する朝陽・P.K.センチャイ(=品川朝陽/P.K.SaenchaiMuayThaiGym)は57.0kg、ペイム・バンライカンケンドン(タイ)は56.8kgで計量をパスした。

 昨年12月のONEでのジョセフ・ラシリ戦以来、約9カ月ぶりの試合となる朝陽は記念撮影で新調されたベルトを持ち「旧K-1のようなベルトみたいでカッコいい」とベルト奪取へのモチベーションは高い。「昨日、減量は落ち切っていて体重の心配もなく計量を迎えられました」とコンディションは問題ない様子も見せた。

 相手のペイムについては「結構何でもできるオールラウンダー」といい、「自分は倒す気でいます。こういう相手だとレベルが違うというところを見せ付けたい。KOにこだわった試合をして“倒せる”ムエタイをお見せするので僕の試合を楽しんでください」と意気込みを語った。

▶次ページは【フォト】メインの石井一成、セミの朝陽が割れた腹筋で計量パス

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】9.23『BOM』石井一成、朝陽ら王座決定戦など生中継・放送・配信情報

・WBCムエタイ世界戦に挑む石井一成「僕の一発を当てれば倒せる、K-1のベルトも最短で獲る」

・【RIZIN】三浦孝太、強烈な蹴りを連打!「ブアカーオ戦でキックの大切さを学んだ」

・安井友梨、ビキニと盛り上がる広背筋!全国7連覇達成

・元UFCグラマー美女戦士、バックスピンキックで男性が悶絶!「彼女は危険だ」と驚きの声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧