TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】平本蓮「ケガをケガと思うな!」師の言葉で出場決意、”KO勝利と苦しい展開”もイメージ=11.6 弥益戦

フォロー 友だち追加
2022/11/04(金)UP

平本と剛毅會空手の岩崎達也宗師(左)、練習後の一枚

 11月6日(日)愛知・ドルフィンズアリーナで開催される『RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』でMMA ルール (70.0kg)で弥益ドミネーター聡志(team SOS)と対戦する平本蓮(AMNJX/Roufusport)が本日4日(金)、個別インタビューに応じた。
 今回、ケガで出場を迷っている時に現在師事する剛毅會(ごうきかい)空手の岩崎達也宗師に「ケガをケガと思うな」と言われ、出場を決意していたことを明かした。

【フォト】平本蓮が行う空手の練習、鈴木博昭戦で見せた空手の独特の動きも

 個別インタビューの最後に登場した平本は、「何年ぶりかと思うほど集中し、気合いが入っています。KOでの勝利も想像できますし、苦しい展開も想像できますが、自分を信じて倒したいと思います」とネガティブな感情になっていない印象を残した。

平本(左)は前回の鈴木博昭(右)で空手を取り入れた片りんを見せた

 ケガで体重変更を申し出るのは、かなり勇気のいることだったことは想像に難くないが、「剛毅會空手を習うことでメンタル面が落ち着いています。ケガをした時も、岩崎先生から『ケガをケガと思うな』と言われました。この言葉で、吹っ切れました」と振り返った。どんな状況でも戦うのが、武道空手の本質。ケガを負ったハンデを持ちながら、強敵に挑むことを決意したのは、岩崎宗師の存在が大きいのだろう。

 剛毅會空手を学ぶ成果を平本は、「武術空手という新しい打撃を習うことになり、マジックがかかったように技術が変わるということではなく、地力がついたことを感じています。これまでの自分のテクニックに落とし込んでいます。打たせずに打つもそうですし、一歩前へ出て入り込む技術を学んでいます」と答えた。

左から平本、岩崎宗師、長谷川賢=剛毅會空手フェイスブックより

 ケガをして落ち込んでいる時に、しばらくSNSの更新を休んでいた平本だが、「『続けてほしい』とファンに言われて、『やらないと』と思いました」と立ち上がるキッカケになったことも明かした。アンチファンに対しては、「あまりそういうのは見ないんで、別にどうでもいいです。わざわざ、汚いものを見にいかないので」と気にしていないが、「それよりも応援してくれるファンのために、SNSもやっています。このまま広まっていけば、掛け算でこのままいくと、世界のスーパースターに僕はなります」と弥益を倒して上昇気流に乗っていく計画だ。

 この会見の後、岩崎宗師に話を聞いた。このケガという逆境の中での出場の決断に「いい機会と思った。それを乗り超えて強くなるのは私も経験している。追い詰められた状態で試合に出る、勝って責任を果たすのが今後、MMA選手として必ずプラスになると思う。一昨日の会見(国際空手道連盟 加盟会見)でも言いましたが『稽古は武術で、試合はMMAで』そして『日本からUFCチャンピオンを出すのが目標』と言ったけど、そこを共に目指す中で、今回の逆境と言えるべき状況での戦いは必ず成長の糧になる。彼には、ただ、今回出場を決めるのは君だと。出ろとは言ってない。出場を決めたのは彼です。この10日間は付きっきりで、まさにキャンプ、打ち上げは昨日でした。明日、最後の仕上げです」と語った。

 明日は前日計量、平本はどのような仕上がったボディで登場するのか、そして前戦のが鈴木博昭戦で見せた空手の動きで連勝することができるのか、期待される。

▶次ページは【フォト】平本蓮が行う空手の練習、鈴木博昭戦で見せた空手の独特の動きも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RIZIN】平本蓮が“足骨折”も強行出場!会見で朝倉未来に“悪口の嵐”、鈴木千裕が激怒

・【RIZIN】平本蓮、会見に”メイウェザーばり”の遅刻「のらりくらり普通に勝つ」とビッグマウス

・【RIZIN】平本蓮のビッグマウス炸裂、元DEEP王者・弥益ドミネーターと対戦決定に”勝って当たり前、もっと格上と”=11月愛知

・平本蓮、空手で”一撃必殺”目指す! 松嶋こよみ在籍の剛毅會空手で修行

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧