TOP > ニュース 一覧

【DEEP】10年ぶりの再戦、酒井リョウと赤沢幸典がメガトンボディで前哨戦=前日計量

2022/11/11(金)UP

ド迫力のメガトンボディを見せた酒井(左)と赤沢(右)

 11月12日(土)に東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 110 IMPACT』の前日計量が都内で行われ、メガトン級暫定王者決定戦に出場する酒井リョウ(レンジャージム)は107.45kg、赤沢幸典(Tristar Gym 日本館/Team Cloud)は122.20kgを計測した(試合体重は無差別)。さすがに無差別級だけあり、ともに迫力ボディを披露した。

【フォト】酒井と赤沢の“KO必至”ド迫力メガトンボディ

 酒井はMMAのみならずキックのリングにも上がるマルチファイター。19年3月にはロッキー・マルティネスのメガトン級王座に挑戦するもKO負けを喫している。前戦は3月のDEEPで大成に判定勝利した。

今年7月に組まれていた赤沢との試合は自身のケガで今回にスライド。酒井は、そのことを謝罪

 対する赤沢は元UFC王者のジョルジュ・サンピエールのもとで修行した逆輸入ファイター。前戦は7月のDEEPで、酒井と同門のアンディコングに鉄槌連打でTKO勝利している。両者の対戦は2012年10月以来となるが、その時は酒井がKO勝ちを収めた。

 計量パスした酒井は、「7月に試合が組まれていましたが、流れてしまい申し訳ございませんでした。赤沢選手にはパワー、技術、すべて負けていると思いますが、自分には10年間、試合をやってきたという自負があります。明日は、メガトン級らしい試合をします」と意気込みを語った。

仲間の平本蓮の活躍で、波に乗りたい赤沢

 赤沢は「10年ぶりの再戦ということで、その時はKOでやられてしまいました。今回は、やり返せるようにしたいと思います。明日は、どちらかがチャンピオンになって、どちらかが凹む一日になると思います」とコメントした。

 10年ぶりの再戦となる今回は、どんな結末を迎えるのだろうか。

▼第8試合 DEEP メガトン級暫定王者決定戦 5分 3R
酒井リョウ(レンジャージム)→107.45kg
vs
赤沢幸典(Tristar Gym 日本館/Team Cloud)→122.20kg

▶次ページは、【フォト】酒井と赤沢の“KO必至”ド迫力メガトンボディ

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】11.12『DEEP』COROvs石司晃一のタイトル戦、メガトン級暫定王者決定戦ほか生中継・放送・配信情報

・【DEEP】11.12 全試合 結果 速報

・【DEEP】赤沢幸典が鉄槌連打でTKO勝ち、”挑発”のアンディコングを豪快に沈める

・【RIZIN】平本蓮、弥益に完封勝利の大番狂わせ!「これからは平本蓮の時代です」と咆哮

・【RIZIN】平本蓮「ケガをケガと思うな!」師の言葉で出場決意、”KO勝利と苦しい展開”もイメージ=11.6 弥益戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧