TOP > ニュース 一覧

皇治、イングラムと大激闘!「メイウェザー、日本に来いクソ野郎」

2022/11/14(月)UP

皇治がメイウェザーの刺客のプロボクサーに被弾も攻め続ける大健闘(写真は9月の超RIZIN)

GLOBAL TITANS
2022年11月14日(月・日本時間)ドバイ コカ・コーラ・アリーナ
第6試合▼3分 3R(65.0kg以下契約)
–ジャハン・イングラム
エキシビションのため勝敗なし
皇治(こうじ)

【動画】メイウェザーが皇治に怒りが治らない!試合前日に公開された喧嘩映像

 皇治は超RIZINでメイウェザーのSPをKOで下し、メイウェザーは次の刺客を送り出した。皇治は彼を倒しメイウェザーを日本に呼び、戦うと意気込む。
 対するイングラムはプロ33勝3KO、メイウェザーいわく「世界チャンピオンになるだろう」という実力者だ。

 皇治は会見では饒舌だったが、どこまでこの強豪にボクシングルールで通用するのか注目された。
 試合は序盤からイングラムがジャブ、ボディからアッパー、フックと、目にも止まらぬ高速のパンチ連打を出していく、皇治もそのスピードに被弾しながらも徐々にパンチを返していく。

 2Rには再び被弾も皇治は前に出て連打、右フックから左ボディなどヒットをそのスピードを跳ね返し始める。

 3Rには序盤から皇治が前に出て圧力をかけ連打、ロープを背負うイングラム。イングラムは亀になりながらもアッパーで皇治のアゴを上げ、フック、ストレートも続けてヒット。しかし皇治は持ち前の打たれ強さで前に出て連打を続ける。皇治のパンチの多くはガードされたが、前に出てパンチを出し続ける。
 後半、皇治ボディがヒットしイングラムの動きが止まる場面も。それでも再びイングラムはアッパーでアゴを上げ高速連打を出すなど、驚きの動きを見せた。終了のゴングが鳴ると、皇治の左まぶたから出血していた。

 イングラムは「皇治は嫌いなことはなく、本当の試合ではないとのことで、試合を楽しむことができた」と言うと、次は皇治が試合後のマイクで「世界の田中です、日本のみんな愛してます。RIZINファン、ドバイの皆さん、このタイタンズ、イングラム本当にありがとう。この試合はボランティア、まだまだ本気出してない。TMT、イージー、イージーファイト、メイウェザー、カモンジャパン!ボコボコキックボクシング、根性見せて日本に来いクソやろう」と日本でキックボクシングルールを訴えた。

 【動画】メイウェザーが皇治に怒りが治らない!試合前日に公開された喧嘩映像

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【結果】11.14 皇治(こうじ)vsイングラム、メイウェザーvsデジ ほか『GLOBAL TITANS』

・【テレビ・配信】11.14 メイウェザーvsデジ、皇治vsイングラム 生中継、配信情報

・【この大会】女子王者がダウンで倒れた相手へ追撃フック!反則でノーコンテストに

・【フォト】「ミス着物」、黒ビキニで”際どい”ラウンドガールに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧