TOP > ニュース 一覧

【RISE&SB】宮﨑小雪、MISAKIの挑発を意に介さず「触れさせずに自分が当てる」=公開練習

2022/11/17(木)UP

宮﨑小雪

 12月25日(日)に東京・両国国技館で開催される『RISE WORLD SERIES / SHOOTBOXING-KINGS 2022』。同大会の「女子アトム級(-46kg)3分3R延長1R」でSB日本女子アトム級王者・MISAKI(TEAM FOREST)と対戦する、第2代RISE QUEENアトム級王者・宮﨑小雪 (TRY HARD GYM)が公開練習を行なった。

【動画】宮﨑小雪がムエタイ4冠王との国際戦に勝利

 姉・若菜とのマススパーを披露した宮﨑。サウスポーから繰り出すテクニカルなコンビネーション、真っ直ぐに伸びるワンツーなどの打撃を繰り出した。

パンチを放つ宮﨑小雪

 対戦カード発表記者会見では、MISAKIが「RISEの女子選手を見ても私の方が面白い試合をするし、私の方が華があるし、私の方が強いと思っている」などと自信たっぷりに語っていた。

 MISAKIのRISE女子全体への発言に対して、宮﨑は「むかつきました。他の選手のためにも結果を残して勝たないとなと思います」と闘志を燃やす。辛い練習にも「『舐められていたんだ』ということを思い出して踏ん張れます」と今まで以上に向き合えている。

先日の会見で対面した宮﨑(左)とMISAKI

 MISAKIの強気発言に心はぶれなかったかと問われると「あまりぶれないです。『自分の方が面白い、華がある』とか言っていましたが、私は正直そうは思わない。勝手に言ってうぬぼれているんだろうなと」と全く意に介さず。

 MISAKIのファイトスタイルの印象を聞くと「ちょっと前まではがむしゃらに前に出る印象、ここ最近はスタイルを変えたとも言っていて綺麗に戦う。がむしゃらでは無くなったのかなと思います」とコメント。

「アグレッシブ度はやっぱりMISAKI選手の方があるのかなと思いますけど、それをいなすのが私のスタイルだし、触れさせずに自分が当てるのがスタイルなので、そこがどう噛み合うのかと思いますね」と、自身の強みを貫き通すつもりだ。

宮﨑小雪(右)と公開練習の相手を務めた姉・若菜

 さらに「団体を背負った試合になる。絶対に負けられないし、私が今までやってきたルールでやらせてもらうので、自分のプライドや意地もある。負けたくないし、負けられない」と勝利への強い意欲を示した。

 2020年に行われた女子最強を決める『RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS』の再びの開催を目指す宮﨑。「それを開催してもらうには普通の試合をしてもダメ。今までより良い試合を見せていかないといけない」と気を引き締めていた。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】宮﨑小雪がムエタイ4冠王との国際戦に勝利

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RISE&SB】宮﨑小雪vsMISAKI、王者対決に闘志メラメラ「私の方が華があるし強い」(MISAKI)

・【月間ベストファイター・3月】新王者の宮﨑小雪、リング上で語った「天国のお母さん」への想い

・空手美女せりな、プロデビュー戦辞退で波紋、朝倉未来は体重交渉が理由と説明

・【SB】“ツヨカワ女王”MISAKIが計量パス、盛り上がる肩とバキバキ腹筋「倒しにいく」

・注目のラウンドガール雪平莉左が女王様!? 表紙&写真集で”新境地の本気”魅せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧