TOP > ニュース 一覧

【K-1】黒田斗真、腕骨折も”気合い”で乗り切り王座戴冠「守りに入らず挑戦し続ける」=試合後インタビュー

2022/12/03(土)UP

黒田斗真(中央)が王座戴冠、ゆいちゃみ(左)とゆうちゃみ(右)が祝福した

 12月3日(土)エディオンアリーナ大阪で開催された『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~初代バンタム級王座決定トーナメント~』を制して、初代王者となった黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)が試合後のインタビューに応じ、1回戦で腕を骨折しながらも1日3試合を戦い抜き勝利したことを明かした。

【フォト】黒田の1回戦から決勝までの名シーン、ムエタイ強豪がミドルを蹴る瞬間も

 念願のK-1王座を戴冠し「頑張ったなと自分でも思います」と短く感想を語る。1回戦のムエタイの強豪ヨーシラー・チョー.ハーパヤックの強烈なミドルキックで腕を骨折。2R後半から腕のダメージを負いながら、僅差の延長判定勝ち。腕が折れた状態で痛みを我慢しながら、準決勝では壬生狼一輝との3度目の対戦に勝利、決勝ではムエタイ8冠王・石井一成を撃破してのトーナメント制覇だった。

試合を振り返る黒田

「『ミドルをなるべく貰わずに』と思ったけど、そんな簡単にいかなかった。めちゃくちゃ痛かったですけど、気合いで乗り切りました」と振り返る。

 最後に「格闘技から離れた時期があったんですけど新生K-1を見て、K-1に戻ってきて良かったと改めて思いました。これからも挑戦し続けたいと思っています。チャンピオンになったからと言って守りに入らず、僕の人生は挑戦し続けようと思っているので、これからも応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。また、K-1公式応援ギャル・ゆうちゃみが選ぶ大会MVPに選出されている。

▶︎次ページは【フォト】黒田の1回戦から決勝までの名シーン、ムエタイ強豪がミドルを蹴る瞬間も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【K-1】黒田斗真が初代バンタム級王者に! 決勝で石井一成との延長激闘を制す

・『K-1』12.3 全試合 結果 速報(初代バンタム級王座T、軍司泰斗、カリミアン、KANA、金子晃大、玖村将史など)=K1 試合結果

・カリミアンが後頭部に危険パンチを被弾し倒れる、続行不可能で反則勝ちに

・江川優生、豪腕パンチ炸裂で島野をKO粉砕!3年ぶり復活のKO勝利に涙

・武尊の“K-1契約解除”に多くのファンが応援、ロッタン戦やMMA挑戦に期待する声も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧