TOP > ニュース 一覧

【ONE】初のアメリカ大会を開催、メインは王者ジョンソンvs元王者モラエス3度目の対決=5.6

2022/12/07(水)UP

DJ(右)vsモラエス(左)3が初のアメリカ大会で行われる(写真は今年8月)©️ONE

 アジア最大の格闘技団体『ONE Championship』が、初のアメリカ大会を行うことが発表された。2023年5月6日(土・現地時間)アメリカ・コロラド州ブルームフィールドにて『ONE Fight Night 10』が開催され、メインイベントでは[ONEフライ級世界タイトルマッチ]として王者デメトリアス・ジョンソン(米国)vs前王者のアドリアーノ・モラエス(ブラジル)の3度目の対決が行われる。

【動画】ジョンソンが顔面ヒザ蹴りで逆転KO!モラエスにリベンジを果たす

モラエスに左を当てるジョンソン(今年8月)©️ONE

 両者は今回3度目の対戦となる。
 1度目は昨年4月に行われ、フライ級GPで優勝したジョンソンがモラエスの持つ王座に挑んだ。ジョンソンは元UFC世界フライ級王者として下馬評有利だったが、モラエスが2Rに衝撃のグラウンド膝でKOし、初防衛に成功した。

 2度目は今年8月、ジョンソンが再びモラエスの持つ王座に挑んだ。劣勢だったジョンソンだが4Rに右ストレートでダウンを奪い、倒れ込むモラエスの顔面にヒザ蹴りでKO勝利。王座奪取とリベンジを果たしている。

 今回ONE初のアメリカ大会開催となるが、北米ではニュージャージー州アスレチック・コミッションが制定した統一ルール(ユニファイドルール)が採用されている。
 一方ONEはグローバル総合格闘技ルールを制定しており、ユニファイドでは認められていないグラウンドでの膝蹴りや、ハイドレーションテスト(尿比重テスト)など計量システムの違いもある。
 ONE創始者兼CEOのチャトリ氏は「コロラド州のアスレチック・コミッションの支援に心から感謝申し上げます」とコメントしており、ONE特有のルールやシステムも、アスレチック・コミッションに認められたということになるだろう。

 コロラド州はUFCが第一回大会(於デンバー)を開いた地であり、今回開催されるブルームフィールドの近隣でもある。画期的とも言える今回の大会で、元UFC王者のジョンソンが自国で勝利を見せるか。アメリカン・トップ・チームで練習を積みながらONEルールで育ったモラエスが王座を奪還してみせるのか。

■デメトリアス・ジョンソン:UFC世界フライ級王者として歴代最多の11度防衛を記録した”史上最高のパウンド・フォー・パウンド”。現在RIZINバンタム級で王者として活躍する堀口恭司と15年4月にタイトルマッチで対戦し、試合終了間際にアームバーを決め、一本勝ちを奪った。18年にONEへ電撃移籍し、19年3月に開幕したフライ級WGPでは、若松佑弥、和田竜光、ダニー・キンガッドを下し、グランプリを制した。21年4月にアドリアーノ・モラエスの王座に挑むも一本負け。しかし今年8月、見事な逆転KO勝利でモラエスから王座奪取した。

■アドリアーノ・モラエス:13年11月からONEに参戦すると、漆谷康宏、ランボー宏輔、渋谷莉孔ら日本勢を撃破。ランキング上位につけるダニー・キンガッド、カイラット・アクメトフにも勝利している。19年1月、王座を奪ったジェヘ・ユスターキオをダイレクトリマッチで下し再び王座を手にした。21年4月には”最強挑戦者”デメトリアス・ジョンソンをKOで撃破。今年3月には若松佑弥を一本勝ちで退けV2。しかし8月に再びジョンソンの挑戦を受け、KOで王座陥落した。

▶次のページ:【動画】ジョンソンが顔面ヒザ蹴りで逆転KO!モラエスにリベンジを果たす

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・[2戦目]ジョンソンが顔面ヒザ蹴りで逆転KO勝利!モラエスに雪辱を晴らし悲願のフライ級世界王者に

・[1戦目]最強デメトリアス・ジョンソンが衝撃のKO負け!王者モラエスの“右アッパー&ヒザ”に沈む

・皇治「ロッタンは武尊に任せる」、魔裟斗「皇治はメイウェザーに倒される」本音対談

・ムエタイ美女アリシア、試合間近の“シックスパック”腹筋にファン「あなたが最強」=ONE

・注目のリングガール雪平莉左、サンタ風の美しいボディ披露、大忙しの1年に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧