TOP > ニュース 一覧

朝倉未来、元空手王者・五明宏人の身体能力に驚き「堀口恭司選手と同じ伝統派の全日本王者はエグイ」

2022/12/08(木)UP

朝倉未来が驚いた元伝統派空手王者・五明宏人の身体能力(写真は前回のTATSUMI戦で決めた三日月蹴り)

 朝倉未来は昨日6日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、現在DEEPで活躍する元伝統派空手王者の五明宏人(ごみょう・ひろと)とのMMAスパーを公開した。
 五明は、朝倉と同じトライフォース赤坂に所属するMMAファイターで、プロデビュー3戦無敗を誇っている。

【フォト&動画】五明の蹴り技、朝倉未来とのスパーで見せた打撃

 朝倉は『期待の超新星とスパーリングしてみた』と題した動画をYouTubeチャンネルで配信した。期待の超新星とは、19年の全空連の全日本空手道選手権大会覇者で、昨年の全日本アマ修斗ライト級で3位に入賞、今年3月の「DEEPフューチャーキングトーナメント」のライト級で優勝し、6月のDEEP佐藤勇駿戦でプロデビューをはたし、12月までに3戦(2KO)して無敗と好調だ。とくにゲオ・レバナ戦、TATSUMI戦は得意の打撃で倒しており、勢いは止まりそうにない。

 無敗の五明に「誰かやりたい選手いるの?」と質問する朝倉。五明が「DEEPに出ているんで、牛久絢太郎選手と」と答えると、「牛久選手は俺がやるから。まだ早いよ」と朝倉は苦笑した。同じ階級だと27歳の五明は、鈴木千裕(23)、平本蓮(24)、萩原京平(27)らが近い世代になるが、「やりたいですね」と意識しているという。 

朝倉未来は五明とMMAスパーで対戦(『ふわっとmikuruチャンネル』サムネイルより)

 スパーリングは、オープンフィンガーグローブ着用のMMAルール。サウスポーで構える2人は、ライトスパーではあるものの素早い打撃を展開した。朝倉はニータップでテイクダウンを狙う。反応した五明が防ぐと、朝倉は金網に押しつける。

 左脇を差して外掛けで倒すと、立ち上がる五明の横につく。再び足を掛けて倒し、バックに回り込んだ。軽くパウンドを入れた朝倉は、チョークの体勢へ。これをしのいだ五明は立ち上がり、自分からもタックルを仕掛けるなど、積極的な姿勢を見せた。

DEEPで3戦無敗の五明が注目を集めている

 メイウェザー戦の影響で5カ月間、グラップリングの練習をしていなかったと語る朝倉だが、「堀口恭司選手と同じ伝統派の全日本王者はエグイ。(朝倉)海みたいに腰が強い! 柔道か何かやっていたの?」と質問すると五明は「伝統派空手をやっていたんですけど、投げがあるんで」と答えた。

 伝統派はライトコンタクトだが顔面有りのために出入りの移動スピードが速く、投げへの対応も必要になってくる。堀口恭司も伝統派空手出身で、驚異のスピードは空手で洗練されたものだろう。五明はオリンピック日本代表候補として名前が挙がっていたほどのレベルで、MMAを初めてわずか1年2カ月で結果を残し、身体能力はかなり高いようだ。

 五明は来年の早い段階で試合が組まれるようで、このまま勝ち進めばDEEP王者の牛久との対戦が近づいてくる。2023年、層の厚いフェザー級で新風が吹き荒れるかもしれない。

▶次ページは、【フォト&動画】五明の蹴り技、朝倉未来とのスパーで見せた打撃

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【DEEP】”全空連”空手全日本王者・五明宏人が秒殺KO勝利「RIZINや海外で活躍したい」

・【DEEP】五明宏人、伝統派空手仕込みの猛烈連打でKO勝利!

・【DEEP】朝倉未来1年チャレンジ出身の西谷大成とヒロヤ、トライフォース赤坂第3の男・五明宏人がマッスルポーズで計量パス

・【空手】植草歩5連覇ならず、齊藤綾夏が初優勝、男子は五明宏人も初V=全日本選手権

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧