TOP > ニュース 一覧

【ムエタイ】3人の日本人王者がタイの元王者たちと対抗戦、”8連敗からの王者”吉田敢は現役王者と対決=スックワンキントーン 2.19

フォロー
2023/01/06(金)UP

日本王者3人がタイ人ファイターを迎え撃つ 左から吉田、鈴木、桂

 2月19日(日)東京・新宿FACEにて、ムエタイイベント『スックワンキントーン confrontation』が開催、3人の日本人王者が、タイ人の元王者や元ルンピニートップランカーらと対決する。

 メインイベント[65kg契約 3分5R]では、スックワンキントーン スーパーライト級王者の鈴木真治(フジマキックムエタイジム)が、元BBTVスーパーフェザー級王者コンデート・ギャットプラパット(タイ)と対決。

ローキックでKO勝利の鈴木

 鈴木は37歳のベテランで、昨年4月大会のメインイベントで橋本悟に勝利しスック・ワンキントーン・スーパーライト級王座を戴冠した。
 10月にはWMOライト級王者のタイ人を得意のローキックで2RKO勝利、12月にはBOMの[スーパーライト級ムエタイ日本トーナメント]一回戦で、ヒジ打ちKO勝利し決勝へ駒を進めている。

 対するコンデートは元はBBTVの超人気選手でラジャ、ルンピニのランカーでもあった。ピンサヤームやシンダム等有名選手とも数多く対戦しており、今回初めて日本で試合を行う。

強打を浴びせる桂

 また[54kg契約 3分3R]では、スックワンキントーン バンタム級王者・桂英慈(クレイン)が、元ルンピニーフライ級1位のタナデー・ウォーワンチャイ(タイ)と対戦する。

 桂は18歳の新鋭で、昨年6月には過去にRIZINで吉成名高とも対戦した石川直樹に、ハイキックでTKO勝利している。8月にはKO勝利でバンタム級のベルトを巻いた。

福田海斗(右)にも勝利しているタナデー(左)

 対するタナデーは元プロムエタイ&ルンピニースタジアム フライ級1位で、100戦近い戦績を持つ24歳。“タナデー・トープラン49”のリングネームで軽量級のトップ戦線で活躍した。

 今回は「ムエタイルールなので問題なく完勝する」とコメントしている。

 3つ目の[67kg契約 3分3R]では、スックワンキントーン ウェルター級王者・吉田敢(bring it on)が、WMOムエタイ インターナショナル ミドル級王者シュートン・ヨーユットムエタイジム(タイ)と戦う。

パンチでKO勝利する吉田(左)

 吉田は、RISEのリングで王者となった直樹の所属するBRING IT ONパラエストラAKK所属のファイター。昨年8月にNJKFウェルター級1位・野津良太を判定で破り戴冠した。

 吉田は自身のSNSでは「昔8連敗(7連続KO負け)した時期があって」と書いているが、現在は連勝し王者となった苦労人だ。

ジャパンキック王者を剛腕でKOするシュートン(右)=昨年3月

 対するシュートンは昨年3月にジャパンキック ミドル級王者・今野顕彰を破りWMOインター王座を獲得。パンチの強打が武器の選手で、今回は「適性体重のウェルター級での戦いなので自信がある」と語っている。

 強豪タイ人相手の対抗戦、日本人王者たちは勝利することが出来るか。

フォロー

●編集部オススメ

・「フェフ姉さんのラウンドガール務めました」波田さん、井岡戦”際どすぎ”でも話題

・【BreakingDown】空手美女・せりなが乱闘を”捌いた”様子が話題「あれが実力者の動き」

・【ONE】ムエタイ超強豪スーパーレック、プエルタスとフライ級キック王座決定戦で激突!=1.14

・カポエイラ選手の”危険なパワースラム”が海外でも話題に「正気の沙汰ではない」=12.28猪木追悼興行

・【BreakingDown】ヤンキーギャルが朝倉未来に尻出し挑発、いーたろブチ切れ乱闘へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧