TOP > ニュース 一覧

タイソン・フューリー、元UFC王者ガヌーにMMAグローブで対戦要求、ボクシングの原型ルールで

2023/01/25(水)UP

タイソン・フューリー(左=photo: Naoki Fukuda)がガヌー(右=photo:UFC/getty)に前向き返答

 現WBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリー(34=英)が、前UFCヘビー級王者のフランシス・ガヌー(36=カメルーン)の対戦要望に返答し「ケージの中で、4オンスのグローブでやろう」と呼びかけた。
 MMAのオープンフィンガーグローブは4オンスに近いものが多く、以前からガヌーが「MMAグローブで対戦したい」と言っていたことから、4オンスグローブとは、MMAグローブのことだと思われる。

【動画】フューリーがワイルダーに豪腕フックでKOする瞬間、果たしてガヌーは勝てるのか!?ガヌーのKO映像も

 ガヌーはけた外れのパンチ力を武器にKOを量産してきた王者だが、UFCとの契約交渉が難航し、先日にUFCを離脱することとなった。
 
 その去就に注目が集まる中。18日にガヌーはMMA記者アリエル・エルワニのポッドキャスト番組で「今年7月に復帰し、プロボクシングの試合を考えている。もしその相手がタイソン・フューリーなら、もちろん受けて立つ。4オンスグローブで、ケージでのボクシングでも問題ない」と対戦を希望していた。

フューリー(右)が強烈な右をヒットさせる(Getty/wowow)

 するとフューリーは22日、海外メディアのインタビューで「ガヌー、君がUFCとの契約を解除されたことは知ってる。”大物”の金を手に入れたいか?ジプシー・キング(フューリーの異名)に会いに来いよ。地球上で最も凶暴なクソったれのお前と、クソでかい試合をしてやろう」と呼びかけた。

 さらにフューリーは「ケージの中でやろうぜ。4オンスのグローブだ。クイーンズベリー ルールでな。 レフェリーはマイク・タイソンだ。世界中に売り込もうぜ」とMMAのグローブをつけたボクシングマッチというハイブリットルールでやろうと了承してみせた。

 クイーンズベリールールとは、現在のボクシングの基礎となったルールで、19世紀のイギリスで定められた。1R3分や、10カウントでのKO、グローブの着用を義務づけたものだ。
 ガヌーとの対戦は正式のボクシングマッチではないが、それに準ずるもので行おうということだろうか。

復帰に向けてパンチ練習を行うガヌー@francisngannouより

 またガヌーは以前、マイク・タイソンのポッドキャストに出演し「フューリーと戦いたい」と発言しており、フューリーがタイソンへ向かって「ガヌー、こいつもボコボコにしてやるさ」と挑発していたことがあり、”レフェリー”とはそのことだろう。

 以前から両者はお互いに対戦を熱望してるが、当時はガヌーのUFCとの契約上の制限などが理由となり、対戦は実現していなかった。

 フューリーは現在、3団体統一王者オレクサンドル・ウシクとの統一戦の交渉を行っており、ガヌー戦が実現するのかはわからない。
 しかしフューリーは「もしウシクとの契約が成立しなければ、ガヌー戦をやることになる」と予告もしている。

 果たしてフューリーとガヌーとのビッグマッチは実現するのか。

▶次のページ:【動画】フューリーがワイルダーに豪腕フックでKOする瞬間、果たしてガヌーは勝てるのか!?ガヌーのKO映像も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・UFC離脱の前ヘビー級王者ガヌー「ボクシングで復帰考えている」、対戦相手はやはりあの名前が

・RIZINで恐れられた“最強女子”ギャビ、なんと手ブラ腹筋姿に衝撃

・ボクシングヘビー級王者フューリー、UFC王者ガヌーの発言に噛み付く「楽勝、ボコボコだ」挑発合戦へ

・井上尚弥「やはりフルトンでかい、体作る」京口紘人が語る井上との会話、衝撃の一言も

・【女子MMA】中井りん、”マッスル”グラマーな際どい写真投稿の理由語る!UFCへの情熱も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧