TOP > ニュース 一覧

重岡銀次朗、疑惑のバッティング王者バラダレスが「俺のライバル」と再戦アピールに苦笑

フォロー 友だち追加
2023/03/07(火)UP

バラダレスが重岡に頭から突っ込む、ボディを効かせた3Rにバッティングが起こった

 4月16日(日)東京・代々木第二体育館にて開催される『3150FIGHT vol.5』のカード発表会見が7日都内にて行われ「IBF世界ミニマム級暫定王座決定戦」では同級4位の重岡銀次朗(ワタナベ)が同級3位のレネ・マーク・クアルト(フィリピン)と対戦する。
 この対戦に至ったのは1月6日にIBF世界ミニマム級王者ダニエル・バラダレス(メキシコ)に銀次朗が挑戦。しかし3回、バラダレスがバッティングで自滅負傷をアピールし無効試合に。さらに今回再戦の方向で進んでいたが、バラダレスの怪我が治らず延期に。急遽この暫定戦が設けられ、勝利してからバラダレスに再戦する形となった。
会見では改めてこの負傷アピールのバッティングシーンが映像で公開、バラダレスからもコメントが届いた。

【フォト】疑惑のバッティング瞬間写真!他にも危ないシーンが

 バラダレスは「今回、暫定王座決定戦が設けられたが、俺はすべてをはっきりさせたいので銀次朗とのリマッチを望んでいる」とコメントし、さらに「銀次朗は俺に相応しいライバルだ。もし銀次朗がクアルトに勝って、俺とのリマッチまで上がってくれば、誰が真のチャンピオンなのかがわかるだろう。次は日本のボクシングファンに本当の実力を見せてやるよ」と続けた。

バラダレスのコメントを聞いて苦笑する銀次朗

 それを聞いた銀次朗は苦笑し「アイツ、ライバルとか言ってたんすね」と返すと、「相応しくないです。僕からしたら全然、まったくですね」とキッパリ。「(暫定王者を経て)正規王者になるにはチャンピオンのバラダレスを倒さないといけないんで、今回しっかり暫定王者になって、バラダレスがこう言ってるんだったら、僕はベルトを獲るためにやるだけなんで、練習して万全の覚悟で戦いたいですね。また頑張ります」と気合いを見せた。

 このバッティングは重岡の左ボディに王者が頭から突っ込んで起きたもの。バッティングの約15秒前には全く同じシーンがあった。銀次朗の左ボディブローに頭を出した姿勢のバラダレス、銀次朗はギリギリ顔を背けバッティングをかわしたが、そのボディがかなり効いたのか、クリンチし銀次朗にもたれかかり離さない。時間稼ぎだろう。

 ブレイクすると、再び銀次朗が踏み込んで左ボディ、そこにバラダレスはやや前傾で体を沈ませた。すると、バラダレスの頭部(おでこの上あたり)が重岡の左アゴを直撃! 重岡は顔を背けるも今回は被弾してしまった。心配なのは銀次朗の怪我だったが、やや顔を歪めたのみ。しかしぶつけた方のバラダレスが大きくアピール。そのアピールはしばらく続き、レフェリーは試合続行不能として試合をストップし無効試合となった。

 果たして銀次朗はクアルトに勝利し、バラダレスと因縁の対戦を制することができるか。

対戦相手の写真を持つ重岡銀次朗(中央左)と優大(中央右)、亀田興毅ファウンダー(左)、渡辺均会長(右)

 この興行は、Wタイトルマッチになっており、もう一つは「WBC世界ミニマム級タイトルマッチ」で同級王者パンヤ・プラダブスリ(タイ)に銀次朗の兄で同級4位の重岡優大(ワタナベ)が挑む。兄弟で勝てば史上初の同日および同一階級世界王者戦となる。

 なお、弟の前戦について優大は「何とも言えない気持ちにはなりましたが、興毅ファウンダーが試合を組んでくれたので、今回同時に世界チャンピオンになれたら報われるんじゃないかと。悔しかったけど、この日のためにあの結果になったんだなと思います」と話した。

▶︎次のページは【フォト】疑惑のバッティング瞬間写真!他にも危ないシーンが

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど詳細

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・重岡に王者が”疑惑”のバッティングの瞬間! 全く同じシーンが2度、1度目は重岡がかわすも…

・【フォト】グラドル風吹ケイ、Jカップも割れた腹筋に驚き

・元GLORY世界王者ドゥンべ、驚異の豪腕パンチが炸裂!怒涛のパウンドKOでMMA4戦全勝の快進撃 【フランスMMAGP】

・【フォト】“空手3段”安藤京香が白ビキニでハイキック!大胆に披露

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧