TOP > ニュース 一覧

【RISE】志朗、ディーゼルレックのミドルに警戒も「圧倒して勝ちたい」=公開練習

フォロー 友だち追加
2023/03/16(木)UP

公開練習でパンチを打ち込む志朗(C)RISE

 3月26日(日)東京・有明アリーナで開催される『Cygames presents RISE ELDORADO 2023』。同大会の[RISE世界バンタム級(-55kg)王座決定戦]でディーゼルレック・ウォーワンチャイ(タイ/ペッティンディームエタイアカデミー)と対戦する志朗(日本/BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kgトーナメント優勝)が公開練習を行い、相手のミドルに警戒も「圧倒して勝ちたい」と宣言した。

【動画】志朗の鮮烈ハイキック!江幡塁をマットに沈める

寺山の持つミットに蹴りを放つ志朗(左)(C)RISE

 公開練習で志朗は、練習を共にする寺山遼冴の持つミットに打撃を打ち込んだ。元々はムエタイでキャリアを積んでいた志朗だが、近年はRISEを主戦場に戦ってきたため、4、5年ぶりの3分5Rの戦いとなる。「スパーリングでは6Rやっていて全然できている」と手ごたえも感じている。

 対戦相手ディーゼルレックの試合を11試合見たという志朗。その上で「RISEは蹴りのポイントが付くので、蹴りもディフェンスしないといけない。(ディーゼルレックは)ミドルキックや組んでからのヒザ蹴りが得意。ミドルはスイッチしないで蹴れるので、蹴りのスピードとタイミングは厄介」と分析する。ワンキャッチ・ワンアタックルールにも適応してくることが想定される。

笑顔の志朗(C)RISE

 相手を攻略する自信はあるかと問われると「イメージは出来上がってますし、クマンドーイ(過去に那須川天心と対戦したタイ人ファイター)と戦ってる時に、クマンドーイが圧をかけられていた。向かい合ってどれくらい圧が強いのか、というのは警戒しています」とイメージは出来上がっているようだ。

 RISEへ主戦場を移してからはパンチの練習に比重を置いていた志朗。今回は相手の蹴りに警戒し、蹴りも均等に取り組んできた。「武器も増えましたし、全体的に強くなっている」と自信をのぞかせる。続けて「いつもよりラウンドが長いので倒せるなら倒したい。圧倒して勝ちたい」と意気込む。

志朗(C)RISE

 最後に「RISEに参戦してから1年に1回は負けてるので、無敗で終わらせたいなと思っています」と今年の目標を掲げた。

▶︎次ページは【動画】志朗の鮮烈ハイキック!江幡塁をマットに沈める

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【RISE】志朗、右ハイキックで江幡塁を戦慄KO

・【RISE】ラウンドガール宮原華音、ついにキックでプロデビュー決定「気合い入れて頑張る」

・武尊がRISEのラジオ番組に出演決定「一緒に格闘技を盛り上げたい」=4.6よる

・【RISE】元“120円Jリーガー”安彦考真がDEEP☆KICK王者・KENTAと激突「思いっきり挑む!」

・”ビキニでハイキック”が話題の安藤京香、次はフィットネスアンバサダー就任で「お尻に自信」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧