TOP > ニュース 一覧

【DEEP】須田萌里、JK卒業初戦へ気合い!桐生祐子は9kg減量執念の涙=2部前日計量

フォロー 友だち追加
2023/03/24(金)UP

須田(左)と桐生(右)が激突

 3月25日(土)東京・ニューピアホールにて開催される総合格闘技イベント『DEEP TOKYO IMPACT 2023 2ND ROUND』の前日計量が24日、都内会場で行われた。
 DEEP JEWELS アトム級(-47.6kg)5分2Rに出場する須田萌里(SCORPION GYM)は47.74kgで計量パス。桐生祐子(FourRhombus)は一度の計量で150gオーバー、二度目はコスチュームを脱いで48.10kgでパス。ともに規定の-47.60kgを一発でパスした(タイトルマッチおよびキャッチウェイト以外の階級制の試合は+0.5kgまで許容)。

【フォト】須田のJK卒業記念ボディ!桐生は9kg減量執念ボディで計量パス、全身写真も

カラフルなスポブラで肉体を見せた須田

 須田は今春高校を卒業した18歳で、柔術選手権で優勝するなどグラップリングがベース。20年10月のJEWELSでプロデビューし、2連敗後に5連勝を飾った。

 昨年5月のJEWELSで大島沙緒里の持つアトム級のベルトに挑んだが、届かず。7月の『RIZIN.36』沖縄大会でにっせーから得意の腕十字で一本勝ち。前戦は11月に本野美樹に判定負けを喫し再起にかける。

計量クリアで涙を流した桐生

 対する桐生は、DEEP JEWELS、ONE Warrior Seriesなどで戦績を重ね、昨年5月、元DEEP JEWELSストロー級暫定王者・富松恵美に勝利。ドローを含む5連勝を挙げる。

 前戦9月のDEEP JEWELSでHIMEにTKO負けを喫したが、その翌月10月には柔術デビューを果たし、JBJJF女子マスター1青帯フェザー級で優勝した。

 計量をパスした須田は「今年3月に高校を卒業して一度目の試合。明日は、しっかり勝ちます」と気合いを見せた。
 遅れて会場に到着した桐生は、「遅くなってしまって、すみません。9kg減量してクリアできて、この身体が集大成です。明日は可愛くて強い萌里ちゃんが相手ですが、先輩として積極的に勝負したいと思います」と意気込みを語った。

 ともに再起戦となるが、再び連勝街道を突き進みたい須田と、執念の減量をして臨む桐生の気持ちのぶつかり合いが見られるだろう。女子の熱い戦いにも注目だ。

<計量結果>
▼第6試合 DEEP JEWELS アトム級(-47.6kg)5分2R
須田萌里(SCORPION GYM)→47.75kg
vs
桐生祐子(FourRhombus)→48.25kg(150gオーバー)→48.10kg

▶次ページは【フォト】須田のJK卒業記念ボディ!桐生は9kg減量執念ボディで計量パス、全身写真も

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】3.25『DEEP』生中継・放送・配信情報

・【DEEP】女子高生ファイター須田萌里と”腹筋女子”桐生祐子が再起戦=3.25夜

・BreakingDown元代表・YUGOがアマチュアファイトで参戦=3.25 DEEP

・【DEEP】DJ.taikiが鹿志村仁之助と対戦、駒杵嵩大vs風我の仕切り直しの一戦も=3.25夜

・【フォト】KINGレイナが1.2kgアンダーで計量パス、くびれ作ったマッスルポーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧