TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】寺地拳四朗、ブドラーの老獪さに「気持ちが切れた」それでもKO出来た理由

フォロー 友だち追加
2023/09/19(火)UP

会見で答える拳四朗

 9月18日(月)東京・有明アリーナにて開催されたプロボクシングイベント『Prime Video Presents Live Boxing 5』のメイン[WBA・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ]では、同級統一王者の寺地拳四朗(31=BMB)が、挑戦者のヘッキー・ブドラー(35=南アフリカ)に9R TKO勝利で防衛成功。世界タイトルマッチ13勝目を記録した。
 しかし、その裏には、寺地が「気持ちが切れた」と思うほどのブドラーの巧みさがあった。

【フォト】拳四朗、怒涛の連打でTKOの瞬間

 寺地は序盤からブドラーと激しい接近戦の打ち合いに。ブドラーの手数に苦しめられるも9回、ワンツーからの連打を叩き込んでTKO勝利した。

 寺地は会見で、試合を振り返り「1Rから練習通りのペース、2、3Rと当たり出してはいたので良い流れと思った」と、前半は想定通りだったと言う。

 しかし「後半右回りをされて、そこで攻め方、倒し方がわからなくなって悩んでしまって気持ちが切れた。迷って『判定でもいいか』と頭をよぎってしまった」と、ブドラーのディフェンスの巧みさにKOを諦めかけたと言う。
 ブドラーは7Rから、右回りのステップを駆使し、ヒットアンドアウェイ戦法に切り替えていた。

次は3団体統一を目指す拳四朗

 そこを救ったのが、セコンドの加藤トレーナーの指示だった。寺地は「加藤さんのアドバイスで『左回りで潰していこう』と。それがとてもよかった」と、ブドラーのステップの先回りで攻めることに。
 続けて「そこからはパズルが当てはまったように攻めて行けて。KOに持って行けた」と切り替えられたと言う。

 寺地は「タフな相手だった。あそこまで逃げられると倒すのは難しい、反省点」と今後に生かしたいとする。

 次の目標は「今のところは3団体目行きたいなと思っています」とライトフライ級統一に向け、力強く意気込んだ。

▶︎次ページは【フォト】拳四朗、怒涛の連打でTKOの瞬間

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【結果 速報】9.18 那須川天心、寺地拳四朗、中谷潤人ほか 全試合 結果

・那須川天心がボクシング2戦目で”パーフェクト勝利”メキシコ王者から2度ダウンを奪う

・中谷潤人が3度のダウンを奪って初V成功、エストラーダ苦しめたコルテスを圧倒

・拳四朗と激闘したオラスクアガ、7R TKO勝利、”バチバチ”打ち合い制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧