TOP > ニュース 一覧

なんと母親が”息子の元カノ”をKO!ポーランド格闘技大会で賛否両論

フォロー 友だち追加
2023/10/31(火)UP

50歳母が”息子の元カノ”をKO!@MMANews

 10月28日(土・現地時間)ポーランドで開催された格闘技イベント『CLOUT MMA』で、50歳の女性ゴーチャ・マジカルが”息子の元カノ”19歳のニキータにTKO勝利し、話題になっている。

【動画】母親が”息子の元カノ”に強烈カウンター!見事なダウンを奪う

 母ゴーチャは不利予想の中、1Rには左ストレートで見事なダウンを奪い、2Rにはパンチで19歳ニキータを戦闘不能にし、見事勝利した。SNSでは「母は強し」と喜ぶ声も多いが、年の差と倫理的な面からポーランドでは政府関係者も巻き込み問題にもなっている。

 50歳のゴーチャは、ネット配信者である息子と共にTikTokでバズっている人気者。その息子は19歳ニキータと内縁関係にあったが、数か月前に破局した。しかし離縁時にトラブルがあり、2人もSNSなどで争っていた。
 
 ニキータが格闘技の試合経験があることから、この”因縁”試合が組まれた。19歳ニキータは今年5月にデビュー戦を行っているが判定負け。母ゴーチャは「数ヶ月」格闘技のトレーニングをしてきたと言う。

 リングで向かい合うと、母ゴーチャのほうがだいぶ大柄だ。キックボクシングルール(2分3R)だが、オープンフィンガーグローブで行われる。
 互いにサウスポーの両者、開始後30秒、ニキータが接近し右ストレートを繰り出すと、母ゴーチャが見事な左カウンター!ニキータはダウンする。その後も母ゴーチャが前進し、パンチ、ヒザ蹴りでニキータをケージまで追い込む場面が続いた。

 そして2R、ニキータが前蹴りを何度か放つも、母ゴーチャは近づきまたも左を当てる!ニキータは嫌倒れの様相で、倒れ顔をおおってしまう。レフリーは戦闘不能と見て、試合を止めた。
 試合後は母ゴーチャはニキータを抱擁し、わだかまりは多少とけたのかもしれない。

 SNSでは「怒っている母親に逆らってはいけない」「究極の復讐だ」と面白がる声が並んだが、試合前には50歳と19歳の年齢差や、正式な婚姻ではないとは言え、元・義理の母娘で戦うことに、大きな批判が起こっていたいた。
 中でもポーランド法務大臣の妻は、大統領に権限を使ってこのイベントを禁止するよう嘆願を出していたほど。

 これはゴーシャが、過去に夫を虐待した罪で収監されたことがあり、現在もアルコール依存症を患っていることもあるようだ。
 主催の『Clout MMA』は、以前にも男女での試合や、ヨーロッパでは禁止されている16歳同士のプロ試合を行い、問題となっている。

▶次のページ:【動画】母親が”息子の元カノ”に強烈左ストレート!見事なダウンを奪う

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・格闘技大会でロシア16歳が死亡、”バックスピンキック”でKO負け、ヘッドギア義務守らず運営は許可

・志穂美悦子が68歳と思えぬマッスルボディ公開「やりたいことがある」

・【キック】17歳の新女王・辻井和花、制服姿でハイキックが話題「嬉しすぎてベルト持って町中歩いた」

・ダンシーあずさ、ビキニ世界大会へ「自分史上最高の体でステージに立つ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧