TOP > ニュース 一覧

58歳プロデビューで”ギネス記録”のボクサー、デビュー戦はダウン奪われ、わずか40秒TKO負け「それでも立ち上がった」

フォロー
2023/12/06(水)UP

58歳ボクサー、あえなく1R TKO負け @scot.england

 12月6日(水・日本時間)に米国テネシー州で行われたボクシングイベント『Country Box』のメインイベントで、58歳のボクサーであるスコット・イングランド(米国)がプロデビュー。
 58歳でのプロデビューはギネス記録だったが、開始5秒でダウンを奪われ、1R40秒でTKO負けした。

【動画】開始5秒でダウン!若きボクサーに連打叩き込まれ…

 イングランドは元テレビレポーターで作家。
 ある時若いボクサーを取材していたが、彼は劣悪な環境の中、銃で撃たれ死亡。彼の志を知りたいと思ったこともきっかけで、ボクサーを志した。

 トレーナーによると、週7回の練習を行い、10代のボクサーたちとスパーリングを行ってきたとのこと。

 相手は23歳のジョシャーン・ハンター(米国)で、BoxRecによると0勝6敗。うち5敗は1RでのKO負けとなっている。
 ウェルター級での公式戦(3分4R)となる。

 試合はイングランドが勢いよくジャブを突いて飛び出すも、相手はしっかりとガード、右フックからの左右フックで、イングランドは仰向けにダウンした。

 立ち上がったイングランドだが、若干フラついて危ない様子だ。それでも再開すると、相手はジャブで攻めると、イングランドはガードもままならずもらい続ける。
 これは厳しいと判断したか、レフリーが試合を止めた。

 配信のコメントには「あの作家はそれでも立ち上がった」「58歳でリングに向かうなんて俺たちに出来るか?」とイングラムを称える声が並んだ。

 イングラムは最年長プロボクシングデビュー記録であると同時に、史上最高齢のウェルター級プロボクサーでもあった。
 今後はさらに練習を積み、再びリングへ上がるのことがあるのだろうか。進退を見守りたい。

▶次のページ:【動画】開始5秒でダウン!若きボクサーに連打叩き込まれ…

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・58歳プロボクサーデビューはギネス新記録、計量マッスルでパスし本日試合へ!

・志穂美悦子、バズった自身の”68歳”マッスルボディを説明、そのトレーニングとは!?

・女子レスラー渡辺未詩が初グラビア、鍛えたボディ公開にファン「新たなる魅力!」

・美女柔道家ビロディド、サーフィン波乗り姿公開!トレーニングの一環!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧