TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上拓真、バキバキ腹筋で計量パス!対するアンカハス「拓真の仕上がりは良さそう、いい試合になる」

フォロー 友だち追加
2024/02/23(金)UP

計量パスした王者・井上拓真(左)とアンカハスが計量パス

 2月24日(土)東京・両国国技館にて開催のプロボクシングのトリプル世界戦『Prime Video Presents Live Boxing 7』の前日計量が23日、都内にて行われ[WBA世界バンタム級(53.52kg)タイトルマッチ]に挑む王者・井上拓真(大橋)がバキバキの仕上がりで約100gアンダーの53.4kgでパス。
 挑戦者で元IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)も、同じく53.4kgで計量パスした。

【フォト】井上拓真のバキバキ腹筋と、アンカハスの仕上げたマッスルポーズ、睨み合いも

井上が計量パス、バキバキに割れた腹筋

 計量後、笑顔のアンカハス、IBF世界スーパーフライ級王者として9回の防衛、22年に陥落後、1階級上げてこのタイトル戦にこぎつけた。
 計量後の囲み取材では「拓真の仕上がりは良さそう、いい試合になる」と余裕のコメント。この笑顔の裏には強いハングリーさがある。昨日の会見では、かつてフィリピンに多くいた世界チャンピオンが現在不在になっていることが自身の貪欲さに火をつけていると語っている。

 対する拓真もいい仕上がりで、これからいつも通りリカバリーをしていくと語る。
 昨日の会見で拓真は「練習も過去一の仕上がりで仕上げることができました。アンカハスは過去一最強の相手だと思っているので、気を引き締めて最後まで戦って必ず勝ちたいと思います」と警戒も強い意気込みを見せた。

2人が睨み合う

 階級を上げてきた元王者だが、拓真は元々スーパーバンタムからバンタムに落とし兄が返上したWBAの今のベルトを獲得。計量後の戻し体重で、体の太さとパワーで拓真かもしれないが、身長とKO率は有利とも考えられる。果たして結果はどうなるか。

♢選手データ 
・井上拓真(28=大橋)身長164cm/リーチ163cm/構え:右/戦績18勝(4KO)1敗/KO率22.22%/主なタイトル:現WBA世界バンタム級王者、元WBC世界バンタム級暫定王者
vs
・ジェルウィン・アンカハス(32=挑戦者/フィリピン)身長168cm/リーチ169cm/構え:左/戦績34勝(23KO)3敗/KO率67.65%/主なタイトル:元IBF世界スーパーフライ級王者(v9達成)

▶︎次のページは【フォト】井上拓真のバキバキ腹筋と、アンカハスの仕上げたマッスルポーズ、睨み合いも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】2.24 井上拓真・中谷潤人・田中恒成の世界戦は何時から?

・【試合結果 速報】2.24 井上拓真、中谷潤人、田中恒成ほか 全試合速報中=ボクシング

・元世界V9王者アンカハス「現在フィリピンに王者不在でよりハングリーに」井上拓真に勝ち王座奪取宣言

・2.24中継に井上尚弥がゲスト出演決定、自身が返上した2つの世界バンタム級戦に期待

・初のボクシング”ラウンドガール”に「緊張で足震えた」レースクイーン、コスプレイヤーとしても活躍

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧