TOP > ニュース 一覧

井上尚弥、弟・拓真の初防衛を評価、その勝因とは

フォロー 友だち追加
2024/02/24(土)UP

尚弥(左)が弟・拓真のKO防衛を喜ぶ

 2月24日(土)東京・両国国技館にて行われた[WBA世界バンタム級(53.52kg)タイトルマッチ]では王者・井上拓真(大橋)が、元IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に9回、ボディで44秒TKO勝利、初防衛に成功した。
 リングサイドについていた兄・尚弥は「素晴らしい試合」と弟を称え、勝因も語った。

【フォト】取材に答える眼鏡をかけた井上尚弥 拓真の悶絶ボディKOシーンも

 試合は拓真がアンカハスの飛び込みや接近戦に的確に対応、顔面、ボディとヒットさせていった。
 9回、接近戦で拓真が右ボディを叩き込むと、ワンテンポ遅れアンカハスが崩れ落ちる。10カウントも立ち上がれず、KO勝利で初Vを決めた。

 リングサイドで見守っていた兄・尚弥は試合後、囲み取材に応じ「感動した。減量苦から解放されたアンカハスが、どれだけのパワーがあるか不安な所はあった。本当に素晴らしい試合だった」と強敵相手にKO勝利した弟を称える。
 
 また、試合を振り返り「途中から『攻撃を強めてディフェンスをしよう』と。ディフェンス一辺倒だと、アンカハスも乗りに乗っちゃう。攻撃が最大の防御、今日はそういう試合だった」と語った。

 拓真は試合後「偉大な兄がいて、兄弟である以上、自分も盛り上げたい」と語っていた。
 これについて尚弥は「赤の他人のボクサーなら比べられることはない。拓真は拓真のボクシングをすればいい。今日は試合にいい形で出てた。一皮むけて変わってくれればいい。拓真は比べられると言うだろうけど、メンタルが強いし。メンタルが弱かったらとっくにやっていけてない」と拓真自身のボクシングを進んでほしいと語った。

▶次のページ:【フォト】取材に答える井上尚弥 拓真の悶絶ボディKOシーンも

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・井上拓真、ボディで悶絶させKO初防衛!最強挑戦者アンカハスを撃沈=試合結果・速報

・【試合結果】2.24 井上拓真、中谷潤人、田中恒成ほか=ボクシング

・中谷潤人、6回KO勝利で3階級制覇達成!ドネア破った王者を沈める=結果・速報

・初のボクシング”ラウンドガール”に「緊張で足震えた」レースクイーン、コスプレイヤーとしても活躍

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧