TOP > ニュース 一覧

悪童ネリ「東京ドームで5月に会おう!輝くチャンスだ」と自信!JBCが資格回復認め井上尚弥戦へ

フォロー 友だち追加
2024/02/27(火)UP

ネリが再び日本にやってくる!

 日本ボクシングコミッション(JBC)は26日、元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)について、無期限のライセンス申請資格の回復を認めたと発表した。これが解除されることで日本で試合が可能に。
 そしてネリは27日自身のインスタのストーリーズに東京ドームの画像を載せ「東京ドーム 5月に会おう。輝くチャンスがやって来た」と期待を込めて発表した。

【フォト】ネリが東京ドームの画像とメッセージをアップ!、計量失敗で倒れるネリの貴重画像も

 これで期待された東京ドーム戦、噂される5月6日の井上尚弥戦が現実味を帯びてきた。井上のスーパーバンタム級4団体をかけた初防衛戦だ。

 ネリは、17年8月の山中慎介戦では試合後に薬物陽性によりドーピング(本人はメキシコで食された汚染された肉の結果と主張)、WBCは「故意にジルパテロールを摂取したという確証が得られず、食品から摂取した可能性が高い」と再戦を指令。2018年3月の再戦では、ネリは山中を2ラウンドでKOしたが、前日に計量オーバーしていたことから、この2つの違反により、国内でネリのプロボクシングライセンスを取り消す追放処分が下された。

ネリが「東京ドームで会おう、輝けるときがきた」と投稿(本人のインスタより)

 JBCはネリは日本で追放処分中としているが、ライセンスの取り消しは5年間、無期限停止は3年間で再申請ができることになっており、JBCの安河内事務局長はネリの再申請は可能という。追放処分からすでに6年近い年月が経っている。

 WBCはJBCと連携し、計量オーバー防止のため、事前に30日前、15日前、7日前に計量を実施。さらに抜き打ちを含むドーピング検査も実施する。

 果たして56日、勝利し輝くのはどちらか。悪童が再び日本にやってくる。

▶︎次のページは【フォト】ネリが東京ドームの画像とメッセージをアップ!、計量失敗で倒れるネリの貴重画像も

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【フォト】ネリが東京ドームの画像をアップしメッセージした画像、計量失敗で倒れるネリの貴重画像も

・ネリが連打のミット打ち公開、ファン「新王者誕生だ!」「これではモンスター井上に殺される」と賛否

・井上尚弥vsネリは確定か、米ESPNが年間スケジュール表に掲載

・雪平莉左、”グラマー”ラウンドガールで女神ぶり「日本勢の勝利に大興奮でした」

・【テレビ・配信】3.3 阿部麗也vs王者ロペスのボクシング世界戦=生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧